修理方針 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

板金塗装の修理方針

修理方針

最先端設備と匠の技で
完璧にお直し致します。

インターパシフィックの考える最適なお車の修理方法は「できるだけ作業範囲を拡大せず車に優しい修理」です。
バンパーの角を傷つけたというような比較的軽微な損傷でも、車の骨格にダメージが及ぶような大きな損傷であってもこの考え方は一貫しております。
鈑金塗装の場合、お客様のお支払方法は自費でのご修理と保険でのご修理の2通りとなります。また車両保険に入っているが修理金額によって保険を使うか自費で直すか判断したいというお客様もいらっしゃいます。

当社ではそれぞれのケースに応じて最適な修理方法をご提案し、保険修理はもちろんのこと、できるだけ費用を抑えたい自費でのご修理であっても、大切なお車を何事も無かったかのように、どこをどう直したのか全くわからないように、最先端設備と匠の技で完璧にお直し致します。お見積り、ご提案は無料です。お気軽にご相談ください。

なお修理期間中は、ご予約制となりますが、必要に応じて無料で代車をお貸し出し致します。

自費でのご修理
車両保険に入っていない、あるいは保険を使うほどの損傷ではない場合には自費での修理ということになります。
自費での修理の場合には、いくら仕上りを重視する方であっても可能な限り修理費を抑えたいというご要望になるかと思います。
当社ではお客様から自費での修理のご相談を受けた場合、見積りはもちろんですが、複数の修理方法があることとその違いを詳しくご説明しております。
本当であれば交換したほうが良い場合でも、鈑金や修理が可能かどうかを先ず検討し、どうしても交換が必要な場合には、新品部品より安価で入手できるリサイクルパーツ(中古部品)の活用も積極的に行っております。
それでも完成すれば何事も無かったかのように仕上がりますのでご安心ください。
但し修理方法によってはリスクが生じる場合もありますので、そのような場合にはお客様に分かりやすいように詳しくご説明させていただくよう心がけています。
保険でのご修理
当社は、車両保険であっても対物保険であっても全ての損害保険会社に対応致しております。
保険修理の場合は修理代金が保険会社から支払われる(免責額は除く)ので、お客様の費用負担はありません。
ですからお客様も当社も修理結果にリスクを負う必要はありません。
間違いのない確実な修理方法を選択し、お車が負った損傷を完全に復元させるうえでの必要十分な修理をさせて頂きます。
当社が長年にわたって携わってきた高級輸入車の鈑金塗装に対応するための設備機器や、仕上がりを重視して厳選した塗料や材料を積極的に用いてご修理致します。
大きな損傷を負ったお車でも、将来の再販価値を損ねないよう、できる限りの気遣いで細部まで丁寧にご修理致します。
自費か保険か決めかねている
事故で保険を使うと、翌年のノンフリート等級が3等級下がってしまい、それによる保険料の値上がりが思った以上に大きくなる場合があります。
そのため修理金額より保険料の値上がりのほうが大きい場合には、せっかく車両保険に入っていても保険を使わずに自費でご修理したほうが出費が少ないというケースがよくあります。
自費で修理するか保険で修理するかを迷われる場合には、先ず保険会社に問い合わせ保険を使った場合、翌年から3年間の保険料の値上がり額がいくらになるのかを確認なさると良いでしょう。
鈑金塗装には複数の修理方法がありますので、当社では仕上がりを損ねないことを前提とした一番安価な修理方法で見積をご提示し、その見積額と保険料の値上がり額を比べてご検討していただくようにしております。
また、お客様の現在の等級など加入状況も踏まえてアドバイスさせていただきます。
作業工程

コーティング施工前の洗車と鉄粉除去

2015/5/2

コーティングを施工する前には、しっかりとボディーの磨き作業を行います。ガラス系コーティングの場合、コーティング剤を塗り込むことで塗装に艶が出るわけではなく、塗膜をポリッシ・・・

続きを読む

コーティング施工前の車の磨き作業

2015/5/3

車を塗装した後やコーティング施工時には、塗膜を研磨する作業を行います。車を塗装した後の磨き作業と、コーティング施工時に行う磨き作業は、目的は異なりますが工程はほとんど同じ・・・

続きを読む

車のボカシ塗装技術

2015/5/4

塗装する範囲を決めるうえで、私たちは「ぼかす」「切る」という表現を頻繁に使います。車の塗装では、ぼかせるのかぼかせないのか、そしてどこでぼかすのか、どこで切れるか、がとて・・・

続きを読む

車の塗装工程

2015/5/4

板金工程が終わると塗装工程に入ります。塗装職人はサフェーサーの塗装、研ぎと言った下地処理を行い、熟練した技でその車本来の塗装の肌艶を復元させます。 塗装作業は一切ごまかし・・・

続きを読む

車の板金工程

2015/5/5

自動車の板金塗装の工程は、板金作業と塗装作業の2つに分かれでおり、板金職人と塗装職人によりそれぞれの作業を行います。 中には板金と塗装の両方を一人でこなせる器用な人が居ま・・・

続きを読む

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図