第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

等級据え置き事故の廃止

自動車保険ノンフリート等級の割引・割増制度が改定されました

千村尚紀自動車保険ノンフリート等級の割引・割増制度が2012年10月に改定されました。自動車保険のノンフリート等級は1等級から20等級に割引増率が区分されており、保険契約者が一年間保険を使わなければ翌年の契約は1等級上がり、事故によって保険を使うと、翌年の契約は3等級下がる仕組みになっています。

改定前は、事故で保険を使った契約者でも事故が無く保険を使わなかった契約者でも、同じ等級であればどちらも同じ割引増率が適用されていました。

ところが改定された料率制度では、事故有と事故無で割引増率に差が付くようになり、事故により保険を使うと翌年から3年間割高な事故有係数が適用されてしまい、保険料の値上がりが以前に比べずいぶんと大きくなってしまったのです。

等級据え置き事故の廃止

また、自動車保険の料率改定前は、車両盗難、飛び石、落書き、落下中の他物との衝突、火災、爆発、台風などの自然災害や避けようのない被害の場合は、等級据え置き事故と見なされ、事故によって保険金が支払われても翌年の等級は今年度の等級と同一の等級に据え置かれていました。

しかし、今回の改定に伴い、車両盗難、飛び石、落書きなどの「等級据え置き事故」も廃止となりました。以降、等級据え置き事故は1等級ダウン事故として取り扱われることになりました。

自動車保険料率表

上の表は某保険会社のノンフリート等級の料率表です。例えば高速道路を走行中、飛び石被害に遭い、保険でフロントガラスを取替えなくてはならない事故で車両保険を使ったとします。お客様の現在の等級が15等級とすれば、無事故の割引率は50%です。改訂前の料率制度であれば等級据え置き事故ですから、翌年も15等級の50%割引でした。

しかし、新しい料率制度では1等級ダウン事故でさらに事故有係数が適用されてしまうために、翌年は事故有の14等級、31%割引となってしまいます。そしてその年に事故で保険を使わなければ、その翌年に無事故の15等級、50%割引に戻る仕組みです。

たった1年間の等級ダウンとはいえ、50%割引が31%割引となってしまいますので、保険料への影響ははっきり感じられます。

3等級ダウン事故と違い1年間の値上がりなので、保険を使うかどうかの判断はそれほど難しくはないかもしれませんが、それでも車両保険を使うかどうかを適切に判断するためには、翌年の保険料の値上がり分を保険会社に問い合わせ、修理見積りと照らし合わせることが大切です。

2014年6月10日 | 板金塗装のプロの本音

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ