第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

トヨタ ヴェルファイア 鈑金塗装(自費修理)


川崎市中原区にお住いのお客様より、トヨタ ヴェルファイアの鈑金塗装・修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は細い路地で左折をする際にトヨタ ヴェルファイアの左側面を植え込みに擦ってしまったそうです。
自費の修理ではありますが、お車もまだ新しい為出来る限り綺麗に直したいとのご要望でお車をお預りしました。
ヴェルファイアは、左スライドドアの真ん中辺りから後方にかけてかなり広範囲にパネルが凹んでしまっています。

ディーラーにこの様な損傷のお車を持ち込めば、パネルの交換と言われてもおかしくない程度の損傷ですが、インターパシフィックではこの程度の損傷は充分鈑金修理が可能なレベルですし、修理費用の面やパネル交換によるお車へのダメージ・下取り査定への影響も考慮して鈑金修理での方法を選択しました。
ヘコミ部分を時間を掛け丁寧に、元の状態に戻るように鈑金します。
その後の塗装作業の妨げになるドアの付属部品やクォーターガラス・テールランプ等を取り外しておきます。

できる限り元通りにパネルを引出しましたが、僅かに残る凹凸はパテを付けて成形します。

鈑金及びパテを付けた部分を覆い隠すように、プライマーサフェーサーを塗装してしっかりシールし、加熱乾燥させます。

手作業で塗装パネルを平滑に研ぎ上げ、車両を塗装ブースに移動しマスキングを施します。
ボディカラーがホワイトパール(3コートパール)の為、スライドドアに隣接するフロントドアへの色合せの為のボカシ塗装が必要になるので、合計3パネルを塗装する事になります。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブース内で、熟練の塗装職人がトヨタヴェルファイアの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

フューエルリッドは容易に脱着ができ、部品代も安価なので交換します。
新品部品は塗装されていないのでこちらもボディ同様に塗装して取付けます。

取り外していたドアの付属部品やクォーターガラス、テールランプ等を元通りに組み付け、各部作動チェックや室内清掃・洗車・最終仕上げ磨きをしてトヨタヴェルファイアの鈑金塗装修理は完了です。

今回のトヨタヴェルファイアの修理費用は、部品代11,145円と作業工賃288,252円の合計299,397円となりました。
このたびはインターパシフィックにトヨタヴェルファイアの鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったヴェルファイアを大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントを残す

このページの先頭へ