第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

ルノー カングー 板金塗装・修理事例


20150701kangoo-1川崎市にお住いのお客様よりルノーカングーの車両保険を使った板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
左カーブを走行中左側に寄せ過ぎてしまい、ガードレールに接触してしまいました。
損傷はフロントバンパーからリアバンパーまで、左側面の広範囲に及んでおります。
高額な修理費用になる事が予想されますので、車両保険を使って直すという事でお車を預かりました。

20150701kangoo-2

20150701kangoo-3

20150701kangoo-4

20150701kangoo-5作業内容は、フロント&リアバンパーと左フロントフェンダーは修理塗装、左フロントドアは取替塗装、左リアドアとクォーターパネルは板金塗装、左フロントのホイールキャップ取替という内容になりました。

20150701kangoo-6まず、新品のフロントドアパネルを車体に取付け、立付けの確認や調整をします。

20150701kangoo-7リアドアのへこみは、新品のフロントドアの面との間に段差が無いことを確認しながら丁寧に板金します。

20150701kangoo-8クォーターパネルのホイールアーチ部も丁寧に板金します。

20150701kangoo-9それぞれの板金部分にパテを付けて細かな凹凸を平滑に研いで成形します。

20150701kangoo-10ルノーカングーのフロントフェンダーは樹脂製パネルです。
幸いにも変形や割れはありませんでしたので、表面の傷をサンダーで削りプライマーサフェーサーを塗装します。

20150701kangoo-11リアドアとクォーターパネルのパテを付けた部分にもプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールします。

20150701kangoo-12新品のフロントドアパネルを一旦車体から取り外し、パネルの裏表両面にプライマーサフェーサーを塗装します。

20150701kangoo-13

20150701kangoo-14次にフロントドアパネルの裏側を塗装します。
これは車体に付けてしまうと塗装出来ない部分が出来てしまうのを防ぐ為で、ドアパネルやフロントフェンダー等のボルト留めのパネルを新品に交換する際には必ずこのような工程が必要になります。

20150701kangoo-15フロントドアパネルの表側も後でボディ側面をまとめて塗装する際に、塗料の染まりが良くなるようにこの段階で1度塗装しておきます。

20150701kangoo-16フロントドアを車体に取付け、左側面4パネルを目の細かいサンドペーパーで研ぎ上げ、塗装ブース内でマスキングを施します。

20150701kangoo-17

20150701kangoo-18フロント・リアそれぞれのバンパーをボディ同様研ぎ上げます。
バンパーは溝や格子状のデザインになっている場合が多く、こういった細部に研ぎ残しがあると塗装の剥がれの原因になるので、入念なチェックが必要です。

20150701kangoo-19

20150701kangoo-20ボディとバンパーは、チリやホコリをシャットアウトした塗装ブース内で、ルノーカングーの塗装肌や質感を再現すべく熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。

20150701kangoo-21

20150701kangoo-22

20150701kangoo-23

20150701kangoo-24

20150701kangoo-25ドアモールやホイールキャップは新品部品に交換し、その他全ての部品を元通りに組み付け、各部作動チェック・室内清掃・洗車・最終仕上げ磨きをして作業完了です。

20150701kangoo-26今回のルノーカングーの保険会社との協定修理費用は、部品代231.249円と修理工賃525.312円の合計756.561円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにルノーカングーの板金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったルノーカングーを大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ