第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

アストンマーティン 鈑金塗装・修理事例(車両保険)


東京都港区にお住いのお客様より、アストンマーティンDB9ヴォランテの鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
お出掛け先の駐車場でアストンマーティンDB9ヴォランテの右側面を壁に擦ってしまいました。
ドアの後方からリアタイヤの手前までの広範囲に傷とヘコミが確認できます。
車両保険を使用して綺麗に直したいとの事でお車をお預りしました。

アストンマーティンDB9ヴォランテのドアやクォーターパネルはアルミ製です。
アルミ素材は通常スチール素材に比べ、軽量で強度が高い事が知られていますが、一方で鈑金修理の難易度が非常に高い素材です。そのためスチール素材では容易に鈑金できる程度の損傷でも、パネル交換を余儀なくされる事が多々あります。
今回のアストンマーティンDB9ヴォランテの損傷は、ボルトやナットによる取り付けで比較的容易に交換できるドアパネルと、ボディに溶接や接着によって取り付けられていて安易に交換しない方が良いクォーターパネルの2パネルになります。
車両保険を使用するとは言え、お車へのダメージや後々の査定への影響も考慮し、広範囲ではありますが鈑金での修理が可能と判断しました。
スチールパネルであれば表側からワッシャーを溶着して引き出し鈑金で対処するところですが、アルミパネルで同様の作業をする事は困難な為、時間は掛かりますが裏側から丁寧に少しずつ押し出してオリジナルの面が出るように鈑金作業します。

鈑金作業だけでは戻しきれなかった極僅かな凹凸は、パテを付けて成形します。

パテを付けた箇所や素材面が剥き出しになった部分を覆い隠すように、プライマーサフェーサーを塗装してしっかりシールします。
プライマーサフェーサーは近赤外線ヒーターを用いて充分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブース内で熟練の塗装職人がアストンマーティンDB9ヴォランテの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
高級外国車の一部には、塗装の肌(微妙な凸凹感)がほとんど無く鏡面仕上げと言われる状態の塗装面に仕上げられている車種があります。
このアストンマーティンDB9ヴォランテも元々その鏡面仕上げを施されている為、未修理のパネルに合わせて同様に仕上げる必要があります。
この鏡面仕上げをするには、塗装する段階から他の車種とは異なる作業工程になります。
他車に比べクリア塗装の塗膜を厚めに塗装し、塗装後の研磨作業で1度固く平らな当て板に付けた目の細かな研磨紙で塗膜の表面を平滑に研ぎ上げてから、ポリッシャーとコンパウンドで研磨します。
この工程が入る事で、鏡の表面のようなつるつるの状態に肌を仕上げる事ができます。
文章にすればほんの数行足らずの工程ですが、実際には塗料や研磨時間が他車よりもかなり多く必要になり、手間や材料がより多く掛かる分塗装費用も高額になってしまいます。

塗装及び鏡面仕上げの研磨作業の完了後、取り外していたドアの付属部品やサイドステップ・テールランプやリアバンパーを組み付け、各部作動点検、洗車、最終仕上げ磨きをしてアストンマーティンDB9ヴォランテの鈑金塗装修理の完了です。

今回のアストンマーティンDB9ヴォランテの保険会社との協定修理費用は、部品代10,044円と作業工賃821,880円の合計831,924円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにアストンマーティンDB9ヴォランテの鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったアストンマーティンDB9ヴォランテを大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントを残す

このページの先頭へ