第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

マセラティ グラントゥーリズモS 中古車仕上げとコーティング


以前当社に鈑金塗装のご依頼をしていただいたお客様より、車を中古のマセラティに買い替えたのだがあちこちに傷があるので、納車され次第入庫してそれらの修理とコーティングを頼みたいとご連絡を頂きました。
最近同様のご依頼が増えております。中古車の場合、売りやすくするために販売業者が傷やへこみをぱっと見わからないように仕上げて、無傷の状態にして店に展示するというイメージがあったのですが、最近はバンパーの飛び石傷や所謂えくぼという小さなへこみ、アルミホイールのガリ傷などは正規ディーラーの認定中古車でさえ、傷付いたまま販売されることも多いようです。
仕入れた中古車の加修に係る費用を削減してその分価格を抑えて販売するということなのでしょうか。
販売業者が行う中古車の加修は、原価を抑えるためにとにかく安く安くという仕上げなので、見る人が見れば笑ってしまうような酷い仕上がりになっていることが多いので、傷やへこみは直さずに売ったほうが、かえってお客様のためかもしれません。綺麗に仕上げてお乗りになりたい方は、ご自分のお財布と相談して仕上げれば良いですし、そうでない方はその分安く車を買ったというお得感を感じれば良いのだと思います。
今回のマセラティ グラントゥーリズモSのお客様は、以前の当社での修理で大よその価格感はつかめているので、その予算の中で綺麗にしてほしいというご要望でした。ご依頼事項は以下の通りです。

1.フロントバンパーに付いた飛び石傷が気になるので、バンパー1本塗装
2.ボディーのあちこちに付いた傷がどこまで落ちるか先ずは研磨してみてもらいたい。落ちない傷については塗装。
3.左右のドアのエッジの傷を修理塗装。
4.アルミホイールが4本とも傷があるので、4本すべて修理塗装。
5.室内のベージュレザーが汚れているので、ルームクリーニング。
6.ボディーのガラスコーティング

1.フロントバンパーは、素材まで削り落とすほどの大きな傷はありませんでしたが、小さな石はね傷があちらこちらについていましたので、それらの下処理をしてから、全面塗装しました。フロントバンパーの塗装は、脱着分解費用含め、税別160,000円です。

2.ボディーの傷は、線状の傷が所々についていたのですが、塗膜を研磨することで傷が消えましたので、塗装の必要はありませんでした。ただ、左フロントフェンダーに深めの飛び石傷が一か所と右のドアにへこみ(えくぼ)がありましたので、そこは修理しました。フェンダーの飛び石傷には色とクリア塗料を筆指し、硬化させてから平らに研いで磨きで仕上げました。右ドアのへこみは、塗装は傷になっていなかったので、信頼のおけるデントリペア業者に依頼して直してもらいました。筆指磨きは税別4,000円、デントリペアは税別20,000円です。

3.左右ドアのエッジは、傷の部分を平滑に削り落とし、その部分だけ塗装しました。

この方法であればドア一面を塗装しなくても綺麗に仕上がります。費用は左右で16,000円です。

4.アルミホイールは4本全てに傷がありました。

傷を丁寧に削り落とす修理を行います。ホイールの形状やラインに影響しないように少し広めに研削します。

次にサフェーサーを塗装してしっかりとシールします。

塗装ブースの中でゴミやほこりが塗装面に付かないように慎重に塗装します。

アルミホイールを修理塗装する場合、通常はタイヤを脱着して作業するのですが、今回は傷の程度や傷の位置などからタイヤを付けたままでも綺麗に塗装できましたので、タイヤの脱着費用を削減することもできるので、タイヤを付けたままで塗装しました。費用はホイール1本25,000円で4本で税別100,000円です。

5.レザーインテリアのルームクリーニングは、いつもお願いしている腕利きの職人さんに来てもらい、一日かけて綺麗にしてもらいました。費用は、税別30,000円です。専門の業者さんのルームクリーニングの出来栄えにはいつも驚かされます。

6.ボディーのガラスコーティングに際し、お客様には一部のエンブレムの取替をご提案しました。
左右リアピラーについているマセラティのエンブレムと左右フロントフェンダー下部についているピニンファリーナエンブレムの取替です。

エンブレム周辺は、経年劣化で汚れや傷が蓄積されています。しかし磨き作業が困難なのでなかなか綺麗にすることができません。せっかくボディーを新車のように磨き上げても、エンブレム周りだけやり残した感が残ってしまいます。ですので、今回は古いエンブレムを剥がし、そこをしっかり磨き上げてから新品のエンブレムに張り替えさせていただきました。

古いエンブレムを剥がすと、ご覧の通りです。

ポリッシャーで磨いただけでは傷が落ち切らないので、研磨紙で傷を落としてからポリッシャーで磨きます。

するとご覧のとおりエンブレム周りが見違えるほど綺麗になります。エンブレムの費用がピニンファリーナエンブレムが2つで税別3,400円、マセラティ エンブレムが左右で税別3,800円です。

ボディーのガラスコーティングの出来栄えは、磨き作業にかかっています。初めに深い傷は磨き落としておきましたので、ボディー全体をさらにピカピカに仕上げていきます。

ボディーの研磨作業が終わると、脱脂してからコーティング剤を塗布します。

しばらく時間をおいてコーティング剤が塗膜に定着したら、マイクロファイバークロスで拭き上げます。

コーティングの施工が完了したら、塗装ブースにマセラティを移し、加熱乾燥を行います。塗装ブースの中で加熱乾燥させることで、ガラスコーティングの被膜性能を最大限に引き出すことができます。

これがインターパシフィック自慢の焼付コーティングです。

全ての作業を終え完成したマセラティ グラントゥーリズモSは、まるで新車のような輝きになりました。上記すべての作業の費用合計は、部品代(エンブレム)含め消費税込み472,000円となりました。
この度はインターパシフィックにマセラティ グラントゥーリズモSの修理とガラスコーティング施工をご依頼頂きありがとうございました。ピカピカのマセラティ グラントゥーリズモSで素敵なカーライフをお楽しみください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントを残す

このページの先頭へ