第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

アルファロメオ ブレラ ドア板金塗装修理事例


150109alfaromeoburera-1東京都目黒区にお住いのお客様よりアルファロメオブレラの板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
お出掛け先で駐車場の柱に擦ってしまったとの事で、右ドアを大きく凹ませてしまい、ドアミラーにも傷がついてしまいました。
お客様は車両保険に加入していましたが、等級ダウンや翌年からの保険料アップを考慮し今回は自費での修理となりました。

150109alfaromeoburera-2まず、大きく凹んだドアパネルの塗装をサンダーで削って剥がし、叩いたり引っ張ったりを繰り返し出来る限り元々の面に戻るまで鈑金します。

150109alfaromeoburera-3鈑金作業だけでは戻りきらない、ごく僅かな凹凸をパテを使い成形します。完全にパテが硬化してから研いで仕上げます。

150109alfaromeoburera-4ドアミラーは車体から取り外し、分解してから表面の傷をサンダーで平らに削ります。樹脂製のドアミラーカバーは割れなども無く、擦り傷だけでしたので、パテや接着剤は使用せず傷を平滑に削ることで対処できました。

150109alfaromeoburera-5ドアパネルとドアミラーのそれぞれパテを付けたり削った部分にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールします。赤外線ヒーターで塗面を加熱し、しっかりと乾燥させ、サフェーサーを完全に硬化させます。

150109alfaromeoburera-6

150109alfaromeoburera-7修理面を手作業で平滑に研ぎ上げ、塗装ブース内で熟練の塗装職人がアルファロメオブレラの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回はドアパネルの塗装だけでなくフロントフェンダーへの色合せの為のボカシ塗装を行いました。
このボカシ塗装をする事により、隣接するパネルとの僅かな色の差異による違和感を無くす事が可能になります。

150109alfaromeoburera-8

150109alfaromeoburera-9塗装作業の為に取り外していたフロントバンパーやヘッドライト、ドアの付属部品を車体に組み付け作業完了です。
フロントフェンダーのエンブレムは新品を取り付けました。

150109alfaromeoburera-10今回のアルファロメオブレラの修理費用は、部品代18.932円と工賃212.976円の合計231.908円(税込)になりました。
このたびはインターパシフィックにアルファロメオブレラの鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったアルファロメオブレラを大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ