第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

アルファロメオ ミト 車両保険を使った修理事例


alfaromeomito-1横浜市青葉区にお住いのお客様より、アルファロメオ ミトの鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
田舎道を走行中、路上に落ちていたブロックの塊に左ドアとロッカーパネルを擦ってへこませてしまいました。
車両保険を使って修理するという事でお車を預り、ドアもロッカーパネルも鈑金で修理する事になりました。

alfaromeomito-2まずはドアを鈑金します。
通常この位の凹み具合であればドアは車体に付けたままで作業するのですが、今回はロッカーパネルの上部への塗装が必要になり、ドアを外してしまった方が塗装が綺麗にできる事と、鈑金の作業性もよくなる為ドアを外すことにしました。

alfaromeomito-3次にロッカーパネルを鈑金します。

alfaromeomito-4ロッカーパネルからクォーターパネルまで広範囲で塗装する必要があるので、クォーターガラスやリアバンパーも取り外しました。

alfaromeomito-5ドアの鈑金した部位にパテを付けて平滑に研ぎ上げます。

alfaromeomito-6ロッカーパネルの鈑金部位もも同様の作業を行います。
パネル側面のチッピングコート部にも板金作業が及んだ為、チッピングコートの一部を剥がさなくてはならず、そこが平らになっています。

alfaromeomito-7ドア・ロッカーパネルそれぞれにプライマーサフェーサーを塗装し、修理箇所をしっかりシールし加熱乾燥させます。

alfaromeomito-8

alfaromeomito-9ロッカーパネル上部を先に塗装します。
ドアを取り外しているおかげで、フロントピラー下部までを塗る事により綺麗に塗装する事ができました。

alfaromeomito-10鈑金時に一部剥がして平らになった部位にチッピングコートを塗装します。
剥がした一部分だけを塗るのでは無く前から後ろまでをいっきに塗る事によって、その部分だけ肌目が変わってしまう事無く、違和感なく仕上げる事ができます。

alfaromeomito-11取り外していたドアを車体に取付け、塗装ブース内でアルファロメオミトのオリジナルの塗装肌や質感を再現すべく熟練の塗装職人が塗装します。

alfaromeomito-12塗装作業終了後クォーターガラスやリアバンパー等取り外していた部品を組み付けアルファロメオミトの修理完了です。

alfaromeomito-13今回のアルファロメオミトの保険会社との協定修理費用は、部品代22.572円と修理工賃292.075円の合計314.647円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにアルファロメオミトの鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったアルファロメオミトを大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ