第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

アウディ A4アバント ロッカーパネル板金塗装修理


141212audi-2横浜市戸塚区にお住いのお客様よりアウディA4アバントの板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介いたします。
外出先で駐車場から出る際に、左側にあった縁石に乗り上げてしまいました。
ロッカーパネルモールが傷つきロッカーパネル自体も大きく凹んでしまいました。

141212audi-3よく見るとパネル後方にも損傷がありました。
パネルが下側から持ち上げられた為、フロントフェンダーやフロントドアとの隙間も詰まっています。
フロアアンダーカバーも割れておりました。
お客様は費用を抑えつつも綺麗に直して欲しいとのご要望で、自費修理としてお車をお預りいたしました。

141212audi-4作業内容としましては、ロッカーパネルモールの取替塗装とロッカーパネルの鈑金塗装になります。
先ずロッカーパネルモールを取り外し、チッピングコート(少しボツボツで厚みのあるシール材)と塗膜を剥がします。
今回の損傷の様に裏側から凹みを叩き出す事が出来ない部位でまた凹みも大きい場合、ワッシャーを複数枚溶接しそのワッシャーの穴に鉄棒を通しスライディングハンマーでまとめて引き出します。

141212audi-5同様の作業を少しずつ根気よく繰り返し、できる限り元通りのロッカーパネルの状態に復元させます。

141212audi-7最終的にフェンダーやドアとの隙間を修正するにはパネル上面をハンマーで叩いたり削る必要がある為、フェンダーとドアは一旦車体から取り外しておきます。
引出作業が終わるとロッカーパネル横面と上面にパテを付け成形します。

141212audi-8修正部位も含めロッカーパネル全体にプライマーサフェーサーを塗装しシールします。

141212audi-9アウディA4アバントのロッカーパネルにはチッピングコートが塗装されています。
これには、少し厚みを持たせたシール材によりタイヤで巻き上げる小石や砂等からボディへの傷つきを防ぐ役割がありますが、オリジナルと全く同じ質感に仕上げるのは至難の業です。
メーカーや車種・年式によっても質感や厚みが異なる為、インターパシフィックでは材料や塗装時の距離・圧力を調整し何度も試し吹きをしてから塗装し、限りなくオリジナルな質感に復元出来る様心がけております。

141212audi-10チッピングコートの上からボディ色を塗装します。
今回は自費での修理の為クォーターパネル全体には塗装せず、リアタイヤ前部のホイールアーチの細い部分を利用し塗り分ける事で塗装範囲を狭くすることができました。

141212audi-11ロッカーパネルモールは新品部品に取替えます。この部品はクリップと両面テープで取り付けられているので再使用が出来ません。

141212audi-12メーカーからは色無しの状態で供給されるのでボディ同様に塗装いたします。

141212audi-13取り外していたフェンダーとドア、塗装したロッカーパネルモールを取り付けて完成です。
フェンダーやドアとの隙間も直り、チッピングコートもオリジナルと違和感なく仕上げる事ができました。

141212audi-1今回の修理費用は税込み225.472円(部品代42.736円、工賃182.736円)となりました。
このたびはアウディA4アバントの板金塗装修理をご依頼いただき、誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったアウディA4アバントを大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ