第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

メルセデスベンツ GLC250 板金塗装 修理事例


東京都世田谷区にお住いのお客様より、メルセデスベンツGLC250の板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
自宅車庫に駐車する際に、メルセデスベンツGLC250の左クォーターパネルを大きなポリバケツにぶつけてしまい、へこませてしまいました。
幸いにもフェンダーアーチモールやリアバンパーには損傷はありませんでした。
お客様は自費での修理を希望され、出来るだけ費用を抑えた方法での修理を依頼されました。

まず、大きくへこんだメルセデスベンツGLC250の左クォーターパネルを鈑金します。
塗膜を削り、へこんでしまったパネルを引き出して鈑金すると同時に、その後の塗装作業の妨げになるフェンダーアーチモールやテールランプを外します。
リアバンパーは完全には外さずにマスキングが出来るように一部分だけ外しました。

鈑金した箇所にパテを付け、僅かな鉄板の凹凸を埋めオリジナルの面が出るように平滑に仕上げます。

パテを覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装してしっかりシールし、赤外線ヒーター等で充分に加熱乾燥させます。

プライマーサフェーサーを研ぎ上げ、マスキングを施し塗装前の準備完了です。
クォーターガラスとパネルの間に少し隙間があり、上手くマスキングができる形状だった事と、費用を出来るだけ抑えたいと言うお客様のご要望も考慮し、今回はクォーターガラスを外さずにリアピラー上部までの部分塗装の方法で塗装する事になりました。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブース内で、メルセデスベンツGLC250の塗装肌や質感を再現すべく熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。

充分に塗装面を加熱乾燥させた後丁寧に磨き上げ、取り外した部品を元通り組み付け、洗車や仕上げ磨きをしてメルセデスベンツGLC250の鈑金塗装 修理の作業完了です。

今回のメルセデスベンツGLC250の修理費用は、108.000円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにメルセデスベンツGLC250の鈑金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったメルセデスベンツGLC250を大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントを残す

このページの先頭へ