第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

ポルシェ 718ボクスター バンパー修理


千葉県市川市にお住いのお客様より、ポルシェ 718ボクスターのリアバンパーの修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。
近所の公園に出かけた際に駐車スペースで誤って、ポルシェ 718ボクスターのリアバンパー左角を縁石とポールにぶつけてしまいました。

リフレクターレンズの下側には傷と若干へこんだ変形があり、画像ではわかり難いですが、ランプの下部分も盛り上がって変形しておりました。
自費での修理という事でお車をお預かりしました。

まず、テールランプを取り外し、リアバンパーも一部分を取り外してリフレクターレンズや駐車センサーを外します。
赤外線ヒーターで変形部分を加熱し少し柔らかくして、バンパーの裏側と表側の両方からバンパーの変形部分を押し込んだり押し出したりして修正します。

加熱修正した部分の表面をサンダーで平らに削ります。

削ってバンパーの素地が剥き出しになってしまった部分を覆い隠すように、プライマーサフェーサーを塗装し赤外線ヒーターで充分に加熱乾燥させ、平滑に研ぎ上げます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブース内で、熟練の塗装職人がポルシェ 718ボクスターの質感や塗装肌を再現すべく、リアバンパーを丁寧に塗装します。
今回は自費修理なので修理費用を抑える為に、バンパーの左側半分位までの範囲の部分塗装の方法で作業しました。

取り外していた各部品を元通りに組み付け、電装部品の作動チェック・車内清掃・洗車・最終仕上げ磨きをして、ポルシェ718ボクスターの塗装修理は完了です。

今回のポルシェ 718ボクスターの修理費用は、作業工賃64,800円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにポルシェ 718ボクスターのリアバンパー修理塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったポルシェ 718ボクスターを大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントを残す

このページの先頭へ