第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

ボルボV60 自損事故 修理事例


2016043volvov60-01川崎市宮前区にお住いのお客さまより、ボルボV60の鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
車庫入れの際、誤ってボルボV60の左後部をブロック塀に擦ってしまいました。
リアバンパー左側面に傷が付き、クォーターパネルも凹んでおりました。
自費での修理と言う事でお車をお預りしました。

2016043volvov60-02

2016043volvov60-03クォーターパネルの凹みを鈑金し、パテを付け成形しました。
自費ではありますが塗装を綺麗に仕上げる為に、サイドウインドガラスを専門のガラス業者に取り外してもらいます。

2016043volvov60-04リアバンパーは車体から取り外し、傷を削り落とします。
今回の損傷はバンパーに変形は無く表面上の傷のみだったので、サンダーでの削り込みだけでパテを使わずに済みました。

2016043volvov60-05クォーターパネルとリアバンパーのそれぞれの修理部分を覆い隠すようにプライマーサフェーサーを塗装し、充分に加熱乾燥させ平滑に研ぎ上げます。

2016043volvov60-06

2016043volvov60-07車両を塗装ブースに移動し、チリや埃をシャットアウトした環境の中で、ボルボの塗装肌や質感を再現すべく熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。今回は自費での修理なので修理費用を抑える為に、ひとつながりのルーフサイドパネルを途中で塗り分ける方法で作業しました。

2016043volvov60-08リアバンパーもボディ同様に塗装ブース内で、左側半分位までの部分塗装の方法で塗装します。

2016043volvov60-09取り外していたテールランプやリアバンパーを取り付け、専門のガラス業者にサイドウインドガラスを接着取り付けしてもらい、水漏れチェックやテールランプの点灯確認後、作業完了になります。

2016043volvov60-10今回のボルボV60の修理費用は、ウインドガラスの脱着工賃も含め税込み140.000円となりました。
このたびはインターパシフィックにボルボV60の鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったボルボV60を大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ