ー CONTACT ー
044-777-8787
 メールでお問合せ
修理事例
テスラの修理事例
テスラ モデル3 板金塗装 修理
モデルModel 3修理区分保険修理
修理箇所●リアドア ●クォーターパネル ●リアバンパー
修理概要東京都板橋区にお住いのお客様より、テスラ モデル3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はお出掛け先の不慣れな道で車幅ギリギリの狭い道に入り込んでしまい、テスラ モデル3の右後部を石垣に擦ってしまったそうです。
損傷範囲はリアドア、クォーターパネルとリアバンパーとなります。
傷やへこみが複数パネルに及んでおり修理費用が高額になる事が予想される為、ご加入の車両保険を利用してテスラ モデル3をなおす修理する事となりお車をお預かりしました。
テスラ モデル3修理
テスラ モデル3修理
今回のテスラ モデル3の作業方針は、右リアドアの修理塗装、クォーターパネルの板金修理及び塗装と、リアバンパーの修理塗装と言う作業内容になります。
まずはクォーターパネルのへこみを板金修理します、先端にプーラーを取り付けたスタッド溶接機を使って、ピンポイントに引き出す作業を引き出す場所を少しずつ変えながら繰り返し行っていきます。
テスラ モデル3のクォーターパネルはスチール製パネルの為、この作業方法を選択する事が出来ました。
テスラ モデル3修理
上記作業を繰り返し丁寧に行う事で、元の面やプレスラインの形状を綺麗に復元する事が出来ました。
へこみの無いアルミ製のリアドアは表面上の傷をサンダーで削り落します。
テスラ モデル3修理
板金修理部分に僅かに残る凹凸には極力薄くパテを付けて綺麗に成形します。
テスラ モデル3修理
傷を削り落したりパテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールし赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。
テスラ モデル3修理
リアドアを開けた時に見えるロックピラーと呼ばれる部分を先に塗装しておきます。
ドアを閉めてしまえば外からは見えなくなる部分ですが、リアシートへの乗り降りの際にドアを開ければ見えるので、この様な部分も外板と同様に丁寧に塗装します。
テスラ モデル3修理
ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がテスラ モデル3の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
テスラ モデル3のクォーターパネルはドアの下のロッカーパネルまでがひとつながりになっている為、クォーターパネルを損傷すると塗装範囲が広くなるので修理費用も高額になってしまう事が多いです。
テスラ モデル3修理
リアバンパーも塗装しやすい高さの台にセットして、ボディ同様に熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。
テスラ モデル3修理
塗装作業完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてテスラ モデル3の板金塗装 修理は完了です。
このたびはインターパシフィックにテスラ モデル3の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったテスラ モデル3を大切にお乗りください。