ー CONTACT ー
044-777-8787
 メールでお問合せ
修理事例
テスラの修理事例
テスラ モデル3 板金塗装 修理
モデルModel 3修理区分保険修理
修理箇所●リアバンパー ●右クォーターパネル
修理概要東京都内にお住いのお客様より、テスラ モデル3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は住宅街の狭い道で道を間違えてしまい、方向転換をしようとした際に後方にあったポストにテスラ モデル3の右後部をぶつけてしまったそうです。
リアバンパーの右角には擦り傷が付き、右クォーターパネルはへこんでしまっています。
翌年以降の保険等級ダウンによる保険料の値上がりや車両保険の免責金を考慮し、今回は自費で修理する事になりお車をお預かりしました。
テスラ モデル3修理
テスラ モデル3修理
今回のテスラ モデル3の作業方針は、リアバンパーの修理塗装と右クォーターパネルの板金修理及び塗装となります。
まずはリアバンパーを車体から取り外し、傷をサンダーで削り落します。
クォーターパネルのへこみは裏側から叩き出し、リアバンパーを仮組みしつつ元の形状に戻るまで丁寧に板金修理します。
へこみの板金修理をする方法としては、へこみ部分の表面にワッシャーを溶着してスライディングハンマーで引き出す方法を採るケースも多いのですが、今回のテスラ モデル3の場合、ラゲッジルームの内装トリムを取り外す事でクォーターパネルのへこみの裏側に直接アクセスする事が出来る為、ワッシャー等の溶接を行わずに板金修理する事が出来ました。
溶接を行わない事で金属製パネルに対して熱を加えずに済み、ワッシャーによる引き出しと比べへこみを面で押し出す事が可能になり、より精度の高い板金修理が可能になります。
テスラ モデル3修理
板金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。
テスラ モデル3修理
リアバンパーの真後ろには別の時に付いた傷があったので、こちらもサンダーで削り落しておきます。
テスラ モデル3修理
テスラ モデル3修理
クォーターパネルのパテを付けた部分とリアバンパーの傷を削った部分に、プライマーサフェーサーを塗装ししっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。
テスラ モデル3修理
テスラ モデル3修理
クォーターパネルの損傷部位は、外板のクォーターパネルとアウターホイールハウスといった内板のパネルが複数枚折り重なって接合されている部分でオリジナルでシーリングが施されていますが、今回の板金修理にともないそのオリジナルのシーリングを1度除去しました。
テスラ モデル3修理
テスラ モデル3修理
板金修理後、オリジナルと同様にシーリングを施します。
テスラ モデル3修理
テスラ モデル3修理
シーリング後その周辺に塗料を薄っすらと吹き付け、オリジナルの塗装の状態をを再現します。
テスラ モデル3修理
ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がテスラ モデル3の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
テスラ モデル3はボディ形状の関係で、クォーターパネルからひとつながりのロッカーパネルまでの範囲で塗装する必要があります。
またこの赤いボディカラーは、キャンディカラーと言われるクリア塗装に赤色を混ぜて塗装する特殊なボディカラーの為、色合わせの調色作業の難易度は高い色です。
テスラ モデル3修理
リアバンパーを塗装のしやすい高さの台にセットして、ボディ同様に熟練の塗装職人が塗装します。
テスラ モデル3修理
塗装作業完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付けセンサー等の作動チェックをし、洗車・最終仕上げ磨きをしてテスラ モデル3の板金塗装 修理は完了です。
このたびはインターパシフィックにテスラ モデル3の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったテスラ モデル3を大切にお乗りください。