ー CONTACT ー
044-777-8787
 メールでお問合せ
修理事例
テスラの修理事例
テスラ モデル 3 板金塗装 修理
モデルModel 3修理区分自費修理
修理箇所●左リアドア
修理概要東京都港区にお住いのお客様より、テスラ モデル3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はお出掛け先の駐車場でチェーンが張ってある低いポールに気付かず、テスラ モデル3の左リアドアを擦ってへこませてしまったそうです。
車両保険を使うとノンフリート等級が3等級下がり翌年以降の保険料金に大きく影響するので、今回は自費での修理を希望されお車をお預かりしました。
テスラ モデル3修理
自費とは言えお車はまだ新しいので綺麗に直して欲しいとのご要望です。
テスラ モデル3修理
テスラ モデル3修理
今回のテスラ モデル3の作業方針は、アルミ製リアドアパネルの板金修理及び塗装となり、ボディ色がパールホワイトなので隣接するフロントドアとクォーターパネルへの色合わせの為のボカシ塗装もする事になります。
今回は作業性を考慮し、リアドアを車体から取り外しへこみの板金修理を行います。
アルミ製パネルの板金修理には、近頃新たに導入した最新のスタッド溶接機を使います。
へこみ周辺の塗膜をサンダーで削り落し、専用のアルミ製ビットを引き出したいへこみ部分に溶接します。
テスラ モデル3修理
今回の損傷は線状に長くへこんでいる為、複数のビットを溶接していきます。
テスラ モデル3修理
アルミ製ビットの穴にシャフトを通し、専用のプリングバーを使いまとめてゆっくり引き出します。
ここで焦って一気に引き出そうとしてしまうと、スチールパネルとは異なりパネルにひびが入ったり裂けてしまう危険性があるので、じわじわ丁寧に引き出す事が大切です。
テスラ モデル3修理
バーナーであぶりパネル自体を温めて柔らかくする事によってひび割れや裂けを防ぎながら作業を進めます。
テスラ モデル3修理
引き出し作業が終わったところでアルミ製ビットをニッパーで切断して取り外します。
スチールパネルであれば、ビットをねじる事で容易にビットが取れますが、アルミパネルで同様な方法を採ると穴が開いてしまうので注意しなければなりません。
テスラ モデル3修理
切断したビットの先端が少しパネルに残っています。
テスラ モデル3修理
残ったビットの先端や溶接の焦げをサンダーで綺麗に削り落とします。
この様な工程を繰り返し行い、線状に長いへこみを全て綺麗に引き出します。
テスラ モデル3修理
板金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。
テスラ モデル3修理
パテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。
テスラ モデル3修理
取り外していたリアドアを車体に取り付け、色合わせの為に塗装するフロントドアとクォーターパネルも含め目の細かい研磨紙でパネル表面を研ぎ上げ、様々な技術を駆使しマスキングを施します。
今回は適度な隙間があり取り外さなくてもマスキング処理が出来た為、テールランプやリアバンパーは車体に付けたままで作業しました。
また、クォーターガラスについては構造上取り外すとガラスを交換する必要がある為、取り外さずに作業しました。
テスラ モデル3修理
ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がテスラ モデル3の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
調色作業の難易度が高いホワイトパール色ですが、隣接するパネルを同時にボカシ塗装する事によってどの角度から見ても色の差異は全く分からない様に仕上がります。
テスラ モデル3修理
塗装作業完了後、取り外していた各ドアの付属部品を元通り組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてテスラ モデル3の板金塗装 修理は完了です。
このたびはインターパシフィックにテスラ モデル3の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったテスラ モデル3を大切にお乗りください。