フェラーリ F355 レザーシート修理事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装・コーティング インターパシフィック

フェラーリ F355 レザーシート修理事例

フェラーリ F355 レザーシートの修理事例をご紹介します。
車の乗り降りでどうしても革が擦れてしまう運転席左側のサポート部分のレザーリペアとレザークリーニングを依頼されました。
レザーシートの修理とクリーニングだけでなく室内全体のクリーニングも依頼されておりましたので、今回はシートは取外しての作業となります。
フェラーリ F355 レザーシート修理 フェラーリ F355 レザーシート修理
先ずはレザーシートの汚れを革専用のクリーナーで落としていきます。
フェラーリ F355 レザーシート修理
クリーニングの前後の違いを分かりやすくするためにレザーシートの真ん中にテープを貼りましたが、違いは一目瞭然だと思います。
綺麗になった部分が元々のシートの色合いです。
(この後レザーシート1脚クリーニングしています)
フェラーリ F355 レザーシート修理 フェラーリ F355 レザーシート修理
ステッチも擦れてささくれていましたので、毛羽だった部分をハサミでカットします。
フェラーリ F355 レザーシート修理
レザーシートの擦れている部分を研磨紙で削り込みます。元の塗膜を削ってできる限り傷や擦れを除去します。
この際、ステッチを傷つけないように丁寧にマスキングテープで糸を保護して作業します。
フェラーリ F355 レザーシート修理 フェラーリ F355 レザーシート修理
次に塗料の調色を行います。
インターパシフィックではドイツ製のレザー専用の水性塗料を使用しています。
数種類の原色を調合し、色を合わせます。
フェラーリ F355 レザーシート修理 フェラーリ F355 レザーシート修理
一度でぴったりの色に合うことはまずありませんので、微調整を加えながら数回、色を調整します。
フェラーリ F355 レザーシート修理
次に、レザーシートのシボ模様を再現させるために模様の型をとります。
革にはそれぞれ表情があり、シボという模様があります。革の傷を削ればシボ(模様)が無くなり表面はつるつるになってしまいます。そこをいくら綺麗に塗装しても修理した部位だけ模様が無くなり、いかにも直しましたという風になり、きれいな仕上がりにはなりません。
レザーシートの中でシボ模様が同じ部位を見つけ、そこから型をとって修理部位のシボ模様を再現させます。
グレンマーカーという特殊なペースト状の樹脂を使って押印します。
フェラーリ F355 レザーシート修理
フェラーリ F355のレザーシートのシボ模様の型がしっかり取れました。
フェラーリ F355 レザーシート修理
今回のフェラーリ F355のレザーシートの傷は深いものではなく、研磨紙で削ったことで傷はほとんどとれてしまいました。
残った浅い傷は液体の充填剤を塗りこんで埋めます。
液体の充填剤は傷を埋めるパテの役割と、塗料が革に染み込まないようにシールするプライマーサフェ―サーの役割を果たします。
フェラーリ F355 レザーシート修理
塗装作業に入ります。まずはサイドサポートの内側を塗装します。
フェラーリ F355 レザーシート修理 フェラーリ F355 レザーシート修理
フェラーリ F355のレザーシートのサイドサポートはステッチが2本ありますが、レザー部分と一緒にステッチも塗装してしまうと、縫い糸まで塗装され仕上りが悪くなりますので、ステッチに塗料がかからないように工夫してマスキングテープを貼り、数回に分けて塗装します。
フェラーリ F355 レザーシート修理 フェラーリ F355 レザーシート修理
ステッチの内側の塗装が済みました。
フェラーリ F355 レザーシート修理
次にステッチとステッチの間の狭い部分を塗装します。
フェラーリ F355 レザーシート修理 フェラーリ F355 レザーシート修理
そしてサイドサポートの外側を塗装します。3度に分けて塗装しました。
フェラーリ F355 レザーシート修理
ステッチは元々はレザーシートと同じ色でしたので、最後にステッチにもさっと薄く色をかけ、風合いを整えます。
フェラーリ F355 レザーシート修理
レザーシートの別の部位から型取りしたグレンマーカーを使って、修理した部位に型押しを行います。 ヒーターガンでグレンマーカーを温め、レザーシートに押し付けます。
型押しするタイミングは、ケースバイケースです。充填剤(パテ)を塗った後工程で型押しする場合もあれば色を塗った後工程で型押しする場合もあります。
傷が深く充填剤で表面がつるつるになってしまう場合には塗装する前に型押し、足りなければ塗装中に型押しする場合もあります。
フェラーリ F355 レザーシート修理 フェラーリ F355 レザーシート修理 フェラーリ F355 レザーシート修理
フェラーリ F355 レザーシート修理
最後は艶消しのクリア塗装で仕上げます。塗料が乾くと艶が消えしっとりとした風合いに仕上がります。
今回のフェラーリF355の運転席は、座面にも小傷が数か所あり、座面と背もたれを広範囲に塗装しています。
レザーの弾力もご覧の通りに自然な感じになり、新車の時のような質感に仕上がりました。
フェラーリ F355の運転席のレザーシートの修理は、シートの脱着費用やルームクリーニング代は別途で消費税込み66,000円となりました。
この度はインターパシフィックにフェラーリ F355のレザーシートのリペアとクリーニングをご依頼下さり誠にありがとうございました。
フェラーリ F355 レザーシート修理 フェラーリ F355 レザーシート修理
フェラーリ F355 レザーシート修理

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図