業務内容 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装・コーティング インターパシフィック

業務内容

サービスフロント

輸入車・国産車にかかわらず、どんな修理でもお任せください

サービスフロント
板金塗装の見積りには、多くの板金塗装工場で使用されているアセスプロ(輸入車用)とアウダネオ(国産車)という、コンピュータ見積りシステムを使用しており、迅速にお見積り致します。 もちろん全ての損害保険会社に対応致しております。車両の引取り・納車は全て自社セーフティーローダーにて、万全の注意を払い、大切にお運び致します。
セキュリティ
また、インターパシフィックは綜合警備保障(ALSOK)と契約しております。お預かりしたお車にもしものことがないように、工場は24時間体制でセキュリティ管理されています。

板金塗装

寸分の狂いもないボディ-精度を追求

鈑金
当社ではボディーアライメントという概念を踏まえ、フレーム修正機には、メルセデスベンツ、ポルシェ、BMWをはじめ多くの輸入車メーカーの指定機器にもなっている、フランス セレット社のジグ・ベンチ式フレーム修正機とセレット ナジャという三次元コンピュータ計測装置を導入し、目視では確認できないフレームの歪みでも、場所、方向、距離を特定し、新車製造時と同じボディー寸法に修復いたします。また、ボディー素材の進化に伴い、高張力鋼板という新軽量化素材に対応するスポット溶接機、セレット スコーピオンやアルミ素材に対応する溶接機も完備し、寸分の狂いもない高い精度でダメージを受けたボディーを完璧に甦らせます。

高度な塗装技術で宝石のような輝きを放つ車に生まれ変わる

塗装
塗装ブースには、イタリア サイコ社の最上級モデル「ディスカバリー」を2台使用し完璧な空調設備の中で作業しております。塗料においては、国内外の多くの自動車メーカーから指定・推奨されている、デュポンとスタンドックスを使用しております。 塗装は塗料などの質や色合わせ、調合はもちろんのこと、下地処理・塗り方・塗装時の空調・乾燥状態など様々な状況によって、その仕上がり具合は変わってきてしまいます。これらのことに細心の注意を払いながら、熟練のスタッフが完璧な色合わせをおこない、部分塗装でも全塗装でも、パーツ塗装でも慎重に丁寧に仕上げます。

仕上げ

お納車前にサービス仕上げ。お客様に喜んでいただくために

仕上げ
お納車前にサービスの一環として、洗車、室内清掃、また、必要に応じて各部点検やタイヤのエアーチェックなどの走行前点検までおこないます。これらの作業が終了して初めてお納車になります。私達の仕事は、傷ついてしまったお客様の愛車をキレイにすることです。自分達自身の愛車をケアするように、一台一台丹精込めて仕上げます。

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図