第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

コーティング施工前の洗車と鉄粉除去


コーティングを施工する前には、しっかりとボディーの磨き作業を行います。
ガラス系コーティングの場合、コーティング剤を塗り込むことで塗装に艶が出るわけではなく、塗膜をポリッシュ(研磨)することによって艶を出しますので、磨き作業は仕上がりを大きく左右する一番重要な工程となります。
新車ではなくすでにオーナーさんがお乗りになっている車の場合、ボディーには少なからず水垢や鉄粉が付着していますので、磨き作業の前には丁寧に水垢取りや鉄粉除去を行う必要があります。

洗車には、プロ専用のアルカリ性のシャンプーを使います。カー用品店などで売られている市販のシャンプーより格段に洗浄力が強く希釈倍率を変えることによって洗浄力を調節し、主に水垢を落とします。
強い洗剤なので、1パネル毎に水でよく洗い流しながら洗車していきます。エンブレム周りやパネルの隙間にこびりついた汚れは、柔らかいブラシを使って洗浄します。

水垢などの汚れを落とした後は、ボディーに付いた鉄粉を除去します。鉄粉は目視では付着しているかどうかわからないのですが、鉄粉が沢山付着している車の場合は、水で濡れたボディーを手で滑らせるように触ると塗膜がザラザラするのですぐにわかります。
車のボディーに鉄粉が付着したままの状態だと、磨き作業の際にポリッシャーのバフに鉄粉が絡んでしまいますし、そもそも磨きで鉄粉は落とせません。

ですから磨き作業の前にボディーに付着した鉄粉を完全に除去する必要があります。
鉄粉除去は専用の薬剤を使います。洗車を済ませた車のボディーに薬剤を吹き付けると鉄粉と反応して画像のように赤紫に変色します。要は鉄粉が溶けるわけです。

この薬剤は、ボディーに付いた鉄粉だけでなく、ホイールのブレーキダスト落としにも良く効きます。

車の塗膜に付着した鉄粉は、薬剤の力だけでは落ち切らないので、同時に鉄粉除去専用のネンドを使います。
ネンドパッドと言いますが、表面がゴム質なパッドです。ダブルアクションサンダーに装着して使うのですが、ボディーを傷つけないいように当社では手作業で使用しています。

専用薬剤によって鉄粉は溶けて柔らかくなっているので、ネンドパッドでさほど強くこすらなくても簡単に鉄粉は除去できます。

鉄粉除去が完了したら、充分にボディーを水洗いして薬剤を洗い流します。この作業までを終えてから磨き作業に入ります。
新車の場合は、水垢落としや鉄粉除去の工程がありませんが、すでにお乗りになっている中古車は程度の差こそあれ水垢や鉄粉がついていますので、その程度によってコーティングの施工費用も違ってくるわけです。

2015年5月2日 | 板金塗装の工程

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ