ー CONTACT ー
044-777-8787
 メールでお問合せ
修理事例
テスラの修理事例
テスラ モデル3 板金塗装 修理
モデルModel 3修理区分相手方保険修理
修理箇所●左フロントドア
修理概要東京都内に住まいのお客様より、テスラ モデル3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はお出掛け先の駐車場でテスラ モデル3の左フロントドアをぶつけられてしまったそうです。
隣に止めていた軽自動車の方がドアを開けた際に、風が強い日だった為強風に煽られて軽自動車のドアが開きすぎてしまいぶつかってしまったようです。
この様な事故は軽くぶつかった程度だとぶつかった事にも気付かれずに放置されてしまい、ぶつけられた方は何処で誰にぶつけられたかも分からなくなって、自費で修理したりご自分の車両保険を使って直すケースが多々ありますが、今回の軽自動車のオーナーは警察に連絡し事故処理をしてくださったので、お客様は相手の対物保険で直してもらう事が出来、修理中の代車も相手保険会社の費用負担で、弊社が所有するテスラ モデル3のレンタカーをご利用いただく事が出来ました。
テスラ モデル3修理
今回のテスラ モデル3の作業方針は、へこんだ左フロントドアの板金修理及び塗装と隣接するリアドアへの色合わせの為のボカシ塗装と言う内容になります。
テスラ モデル3のドアパネルはアルミ製の為、へこみを元通りに綺麗に直すには高度な技術が必要になります。
保険会社からはフロントドアパネルの交換も認めていただけたのですが、お客様からは綺麗に元通りに直したいと言う事の他に、出来る限りオリジナルの塗装を残したいと言うご要望もあり、ドアパネルを交換する事でフロントフェンダーへのボカシ塗装をする事になり塗装範囲が更に広がってしまう事になる為、お客様とよく相談した上で板金修理する事に決定しました。
まずはへこみを元の面に戻るまで板金修理します。ドアガラスやレギュレーターなど全ての部品を取外し、パネルの裏側からへこみを少しづつ押し出して修理します。
アルミパネルは無理に叩いたり引っ張ったりすると割れたり裂けたりしてしまうので、慎重で丁寧な作業が求められます。
テスラ モデル3修理
板金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。
テスラ モデル3修理
パテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。
テスラ モデル3修理
ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がテスラ モデル3の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回の損傷がフロントドアの中央より若干後方だった為、リアドアへの色合わせの為のボカシ塗装を行い、僅かな色の差異も出ない様に仕上げました。
テスラ モデル3修理
塗装作業完了後、取り外していたドアミラーやドアハンドル、水切りモール等の部品を元通り組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてテスラ モデル3の板金塗装修理は完了です。
このたびはインターパシフィックにテスラ モデル3の板金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったテスラ モデル3を大切にお乗りください。