ー CONTACT ー
044-777-8787
 メールでお問合せ
修理事例
修理事例
テスラ 修理事例
修理事例
テスラ モデル3 板金塗装 修理
モデルModel 3修理区分保険修理
修理箇所●リアドア ●クォーターパネル ●リアバンパー ●ホイール
修理概要東京都内にお住いのお客様より、テスラ モデル3の板金修理を依頼されましたのでご紹介します。

お出掛けの際に高速道路を走行中、トンネル内で突然右リアタイヤがバーストしてしまったそうです。

高速走行時にバーストすると、車をコントロール出来ずにスピンしたり他の車に接触してしまう事がありますが、幸いにも車を制御する事ができ他の車やガードレール等にぶつかる事も無く、トンネルを抜けた先の安全な場所に停車する事が出来たそうです。

バーストはネジや釘等がタイヤに刺さり、空気圧が減ってしまっていた事に気付かずに高速走行をしてしまったことが原因と思われますが、破裂したタイヤがほぼ残っていない為原因の特定は出来ませんでした。

破裂したタイヤによりリアドアやクォーターパネルが損傷し、リアバンパーも割れてしまっており、修理費用が高額になる事が予想される為、車両保険を使って直す事になりお車をお預かりしました。
テスラ モデル3修理
テスラ モデル3修理
バーストしたタイヤは車体の外側に出て来たようで、ホイールハウス内はフェンダーライナーが傷付いた程度で足回りの部品には影響はありませんでした。
テスラ モデル3修理
クォーターパネルは外板と内板の合わせ目部分が一部めくれてしまっていました。
テスラ モデル3修理
今回のテスラ モデル3の作業方針は、リアドアとクォーターパネルの鈑金修理及び塗装、リアバンパーの取替塗装とタイヤ&ホイールの取替と言う作業内容になります。
まずはめくれてしまった部分をパネルボンドで接着し直します。
テスラ モデル3修理
クォーターパネルの変形を丁寧に板金修理します。
テスラ モデル3修理
鈑金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。
アルミ製のリアドアパネルも僅かに変形していた為、こちらもパテを付けて成形しました。
テスラ モデル3修理
パテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーをを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。
テスラ モデル3修理
念の為新品のリアバンパーを車体に取り付けてパネルの面の合わせ目や隙間を確認します。
テスラ モデル3修理
ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がテスラ モデル3の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
新品のリアバンパーも塗装のし易い高さの台にセットして、ボディ同様に熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。
テスラ モデル3修理
塗装作業完了後、取り外していた部品や新品交換する部品を全て元通りに組み付け、4輪アライメントの測定及び調整をし、洗車・最終仕上げ磨きをしてテスラ モデル3の板金修理は完了です。
テスラ モデル3修理
このたびはインターパシフィックにテスラ モデル3の板金修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったテスラ モデル3を大切にお乗りください。