ー CONTACT ー
044-777-8787
 メールでお問合せ
修理事例
修理事例
テスラ 修理事例
修理事例
テスラ モデル X 板金塗装 修理
モデルModel X修理区分保険修理
修理箇所●リアバンパー ●テールゲート ●リアスポイラー ●テールランプ ●メッキモール
修理概要テスラ Model Xの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は駐車場に車を止め車外にでたところ、シフトレバーの操作ミスによって車が動き出してしまい、後ろの壁にテスラ Model Xの後方部分がぶつかってしまったそうです。
このテスラ Model Xには駐車ブレーキのレバーやペダル・スイッチは無く、シフトレバーのパーキングスイッチを押す事によって車両側の駐車ブレーキキャリパーが作動するシステムになっています。
また、モータ-を始動及び停止させるスイッチといった物もありません。
駐車スペースにバックで移動し、シフトレバーのパーキングスイッチを押したつもりが押されていなかった様で、ギアがバックに入ったままだった為動き出してしまったそうです。
テスラ Model Xの損傷はリアバンパーやテールゲート・リアスポイラーが大きく変形し、各テールランプやメッキモールも破損していて交換を要する為、修理費用は高額になる事が明らかなので車両保険を使って直す事になりお車をお預かりしました。
テスラ モデルX修理
テスラ モデルX修理
今回のテスラモデル Xの作業方針は、リアバンパー・リアゲートとリアスポイラーが取替及び塗装と、リアバンパーロアカバーや各テールランプとメッキモール等の交換という内容になります。
まずは入手した新品のリアバンパーとテールゲートを車体に仮付けし、パネルの立付け・面の出入り具合や隙間の確認・調整をします。
テスラ モデルX修理
テスラ モデルX修理
リアゲート裏側の写真になりますが、表面側のパネルが端で折り返され裏側のパネルと接合されていたり、一部パネルが継ぎ合わせてある部分もあります。
メーカーや車種によってはこの部分にシーリングが施された状態で部品供給されるのですが、今回のテスラ モデル Xの場合はシーリングされていませんでした。
テスラ モデルX修理
テスラ モデルX修理
この折り返しの接合部や継ぎ合わせ部分にオリジナルと同様にシーリングを施します。
テスラ モデルX修理
リアゲートの端を1周シーリング完了です。
テスラ モデルX修理
テスラ モデルX修理
リアゲートの表側とリアスポイラーにプライマーサフェーサーを塗装して、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。
テスラ モデルX修理
リアゲート裏側を塗装します。
トリムが付くと隠れる部分はオリジナル感が出る様に敢えて薄っすらと塗装します。
テスラ モデルX修理
テスラ モデルX修理
テスラ モデルX修理
ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、塗装しやすい高さの塗装台にセットしたリアゲート・リアバンパーやリアスポイラーを、熟練の塗装職人がテスラ モデル Xの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
テスラ モデルX修理
塗装作業完了後全ての部品を元通り組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてテスラ Model Xの板金塗装 修理は完了です。
テスラ モデル3修理
このたびはインターパシフィックに、テスラ Model Xの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったテスラ Model Xを大切にお乗りください。