マセラティ グランツーリズモMCストラダーレ ガラスコーティング施工 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

コーティング事例

コーティング事例

マセラティ グランツーリズモMCストラダーレ ガラスコーティング施工

マセラティ グランツーリズモMCストラダーレのボディーガラスコーティングのご依頼を受けました。

今回は水染みがつきにくく、洗車やお手入れが楽な排水型のガラスコーティングを施工しました。

排水型のコーティングと言いましてもお客様にはイメージしにくいと思いますので、わかりやすくご説明します。

排水型のコーティングというのは、一言で表現すると、被膜の表面状態が撥水性と親水性の中間になる感じです。

雨が降っている程度ではボディー表面は軽い撥水状態になり、洗車時にシャワーで大量に水をかけると水は弾かず流れ落ちていきます。水掃けが良くなる事を重視したコーティングです。

これによりボディーに雨染みがつきにくくなり、洗車後の拭き取りも楽になりと良いとこどりのコーティングなのです。

撥水性ではコーティングが効いているなという満足感は得られますが、雨染みになり易い。一方親水性は雨染みにはなりにくいが、全く水を弾かないので、せっかくお金をかけてコーティングをしたのになんか物足りないという声をよく耳にします。

そのようにお感じになるお客様には最適のコーティングだと思います。

 

日頃のお手入れはコーティング施工時にお渡ししているメンテナンス剤をご使用ください。

洗車後の乾いたボディーに液剤をスプレーし、付属のマイクロファイバークロスでサッと拭き上げて頂くだけの簡単メンテナンスです。このお手入れを1~2ヶ月に一度行っていただくだけで、コーティングの被膜を保護し、優れた排水性能を長期間維持することが可能です。

排水タイプのコーティングは、水垢がつきやすい今回のマセラティのような白いお車や、水染みが目立ちやすい黒などの濃色車にお勧めです。

 

関連記事

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図