マツダ MPV 工事業者の保険で塗装、磨き、コーティング | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

コーティング事例

コーティング事例

マツダ MPV 工事業者の保険で塗装、磨き、コーティング

マツダMVP-20110613

会社の社宅の防水工事の最中、工事業者が誤って車にシーラーのような物を垂らしてしまいました。
ボンネットと右フロントフェンダーにこびり付いていました。
さらにその業者が慌てて車を洗車したせいでボディー全体に洗車傷がたくさん付いてしまいました。ボンネットとフェンダーに固着した異物は洗っても簡単に取れなかったようです。マツダMPVは工事業者さんの賠償保険できれいにすることになりました。

マツダ MVP-20110613

先ず、ボンネットとフェンダーに固着した異物を除去し、磨きで落とせるか試したところ、フェンダーは綺麗に磨き落とせたのですが、ボンネットは磨いてもシミが残ってしまいました。
そのため保険会社の了解のもと、ボンネットに関しては塗装することになりました。
異物によるシミ以外に飛び石傷が前の方についていたので、傷をきれいに削り落しました。

マツダMPV-20110613

次にサフェーサーを塗装し、充分に熱を加えて乾燥させます。

マツダMVP-20110613

塗装ブースの中でゴミやほこりが付かぬよう細心の注意を払ってボンネットを塗装します。
コーティングを施工する関係上、入念に加熱乾燥を行います。

マツダMVP-20110613

ポリッシャーでモールやゴム類を傷付けないように、マスキングテープで養生してから磨き作業を行います。ボディーの傷を丹念に磨き上げ、新車時の輝きをよみがえらせます。

マツダMPV-20110613

今回は保険での磨きとコーティングなので、バックドアのエンブレム類は外してから磨き、最後に新品のエンブレムを取り付けます。エンブレムの隙間の汚れもなくなり、すっきり仕上ります。

マツダMPV-20110613

新車購入時に施工したボディーコーティングの施工証明書の記載内容からサポート期間が残っていることが認められたので、コーティングの再施工も認められました。
コーティング施工後は塗装乾燥ブースでしっかり焼付し、被膜をしっかり硬化させました。
板金塗装とコーティング施工が同時にできる、そして乾燥設備でコーティングの被膜をしっかり熱処理させられる、これがインターパシフィックの特長でもあります。
このたびは神奈川県横浜市よりご来店頂き、誠にありがとうございました。

関連記事

マツダ MAZDA3ファストバック ボディガラスコーティング施工事例

マツダ MAZDA3ファストバックのボディガラスコーティングの施工事例をご紹介します。 お客様は以前のお車も、インターパシフィックでボディガラスコーティングを施工させていただいて…
続きを読む

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図