テスラ モデルS (TESLA MODEL S) 板金塗装 修理 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

テスラ モデルS (TESLA MODEL S) 板金塗装 修理 事例


東京都大田区にお住いのお客様より、テスラ モデルSの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
奥様が運転中に狭い道で右折する際に、角にあったポールに気付かずにテスラ モデルSの右後部をぶつけてしまったそうです。
テスラ モデルSのクォーターパネルはアルミ製の為、同じ様な損傷具合でもスチール製パネルの車両に比べると板金修理の難易度が高く修理費用も高額になってしまいますが、車両保険の値上がり額や免責金を考慮し今回は自費で修理する事になりお車をお預かりしました。

今回のテスラ モデルSの修理方針は、右クォーターパネルの板金修理及び塗装と右リアドアパネルの傷修理及び塗装となります。
まずはジャッキアップして右リアタイヤ・ホイールを取り外し、フェンダーライナーを外して大きく変形したクォーターパネルを裏側からハンマーを使って慎重に押し出します。
この作業は力任せにやってしまうとパネルが裂けてしまったり余計に変形してしまう場合があるので力加減を注意しなければなりません。

アルミ製パネルの板金修理には、新たに導入した最新のスタッド溶接機を使います。

裏側から押し出してある程度変形が戻ったところで表面の塗膜をサンダーで剥がし、専用のアルミ製ビットを引き出したいへこみ部分に溶接します。
今回の損傷の様にへこみが広範囲の場合、アルミ製ビットを複数溶接します。

アルミ製ビットの穴にシャフトを通し、専用のプリングバーを使いまとめてゆっくり引き出します。

アルミは冷えた状態で引き出そうとするとひび割れや裂けが生じやすく、とても繊細です。そのためガスバーナー等で200℃程度の余熱を加え、母材を柔らかくしながら慎重に引出作業を進めます。

アルミ製ビットを溶接した部分だけでなく周辺のパネルも一緒に引っ張られる為、木製のハンマーで優しく叩き、パネルの出過ぎた部分を戻します。

ビットを取り外す際にスチールパネルであれば、ビットをねじる事で容易にビットが取れますが、アルミパネルでビットをねじってしまうとパネルに穴が開いてしまうので、アルミ製ビットはニッパーで切り取り残った先端部分は後程削って処理します。

先程とは別の場所を引き出すために新たにアルミ製ビットを溶接します。

ビットの穴にシャフトを通し、そのシャフトをプーラーで引っ張り僅かなへこみを慎重に引き出します。
この様な作業を必要に応じて繰り返し行い、パネルのへこみを出来る限り元の面に戻る様に引き出します。

取り外したビットの先端部分をサンダーで可能な限り削り落します。


板金修理した部分に僅かに残る凹凸やにはパテを付けて綺麗に成形します。

パテを付けた部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がテスラ モデルSの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回の修理は自費修理の為、塗装作業の妨げになる部品の脱着費用を抑えるべくクォーターガラスやテールランプは付けたままでマスキング処理し、リアバンパーは部分的に外し隙間を確保してからマスキングして塗装しました。

塗装作業完了後、洗車・最終仕上げ磨きをしてテスラ モデルSの板金塗装 修理は完了です。

今回のテスラ モデルSの修理費用は、作業工賃が272,800円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにテスラ モデルSの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったテスラ モデルSを大切にお乗りください。

関連記事

テスラ モデル 3(TESLA MODEL 3) 板金塗装 修理 事例

東京都港区にお住いのお客様より、テスラ モデル3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はお出掛け先の駐車場でチェーンが張ってある低いポールに気付かず、テス…
続きを読む

テスラ モデル X Fenix Scratch Guard・コーティング施工 

テスラ モデルXを購入されたお客様よりスプレー式ペイントプロテクションフィルム、Fenix Scratch Guard(フェニックス・スクラッチガード)とコーティングの施工を依頼されましたので…
続きを読む

テスラ モデル X(TESLA MODEL X) 板金塗装 修理 事例

テスラ Model Xの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は駐車場に車を止め車外にでたところ、シフトレバーの操作ミスによって車が動き出してしまい、後ろの壁にテ…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図