テスラ モデル3 板金塗装 修理 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

テスラ モデル3 板金塗装 修理 事例


東京都内にお住いのお客様より、テスラ モデル3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は住宅街の狭い道で道を間違えてしまい、方向転換をしようとした際に後方にあったポストにテスラ モデル3の右後部をぶつけてしまったそうです。
リアバンパーの右角には擦り傷が付き、右クォーターパネルはへこんでしまっています。
翌年以降の保険等級ダウンによる保険料の値上がりや車両保険の免責金を考慮し、今回は自費で修理する事になりお車をお預かりしました。

今回のテスラ モデル3の作業方針は、リアバンパーの修理塗装と右クォーターパネルの板金修理及び塗装となります。
まずはリアバンパーを車体から取り外し、傷をサンダーで削り落します。
クォーターパネルのへこみは裏側から叩き出し、リアバンパーを仮組みしつつ元の形状に戻るまで丁寧に板金修理します。
へこみの板金修理をする方法としては、へこみ部分の表面にワッシャーを溶着してスライディングハンマーで引き出す方法を採るケースも多いのですが、今回のテスラ モデル3の場合、ラゲッジルームの内装トリムを取り外す事でクォーターパネルのへこみの裏側に直接アクセスする事が出来る為、ワッシャー等の溶接を行わずに板金修理する事が出来ました。
溶接を行わない事で金属製パネルに対して熱を加えずに済み、ワッシャーによる引き出しと比べへこみを面で押し出す事が可能になり、より精度の高い板金修理が可能になります。

板金修理部分に僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。

リアバンパーの真後ろには別の時に付いた傷があったので、こちらもサンダーで削り落しておきます。


クォーターパネルのパテを付けた部分とリアバンパーの傷を削った部分に、プライマーサフェーサーを塗装ししっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。


クォーターパネルの損傷部位は、外板のクォーターパネルとアウターホイールハウスといった内板のパネルが複数枚折り重なって接合されている部分でオリジナルでシーリングが施されていますが、今回の板金修理にともないそのオリジナルのシーリングを1度除去しました。


板金修理後、オリジナルと同様にシーリングを施します。


シーリング後その周辺に塗料を薄っすらと吹き付け、オリジナルの塗装の状態をを再現します。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がテスラ モデル3の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
テスラ モデル3はボディ形状の関係で、クォーターパネルからひとつながりのロッカーパネルまでの範囲で塗装する必要があります。
またこの赤いボディカラーは、キャンディカラーと言われるクリア塗装に赤色を混ぜて塗装する特殊なボディカラーの為、色合わせの調色作業の難易度は高い色です。

リアバンパーを塗装のしやすい高さの台にセットして、ボディ同様に熟練の塗装職人が塗装します。

塗装作業完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付けセンサー等の作動チェックをし、洗車・最終仕上げ磨きをしてテスラ モデル3の板金塗装 修理は完了です。

このたびはインターパシフィックにテスラ モデル3の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったテスラ モデル3を大切にお乗りください。

関連記事

テスラ モデル3 板金塗装 修理事例

東京都板橋区にお住いのお客様より、テスラ モデル3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はお出掛け先の不慣れな道で車幅ギリギリの狭い道に入り込んでしまい、…
続きを読む

テスラ モデルX 板金塗装 修理 事例

東京都内にお住いのお客様より、テスラ モデルXの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はコインパーキングに車を駐車する際に、バックカメラの映像をあまり確認せ…
続きを読む

テスラ モデル3 板金塗装 修理 事例(対物被害事故)

東京都にお住いのお客様よりテスラ モデル3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は片側1車線の細い道を走行中、緩い右カーブにさしかかったところで対向車線を…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図