ポルシェ カイエン GTS コーティング施工 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

コーティング事例

コーティング事例

2013/10/31

ポルシェ カイエン GTS コーティング施工

2

新車で納車されたばかりのポルシェ カイエン GTSのコーティング施工事例です。

インターパシフィックのホームページをご覧になり、焼付コーティングと輸入車が得意な板金塗装工場であるいうところに魅力を感じて頂き、コーティングの施工を依頼されました。

施工手順といたしましては、先ずボディーをきれいに水洗いし室内の清掃を行います。

新車の塗面を保護するプロテクションシールの糊が残っていれば、溶剤を用いて除去します。

ポリッシャーの回転で傷つける恐れのあるエンブレムやゴムのモールディングなどをマスキングテープで保護してから、磨き作業を開始します。

新車とはいえ塗面には浅い傷が無数にありますので、バフ、コンパウンドを数種類使い分け、ボディーをしっかり磨き込みます。

3

カイエンの塗面を磨きあげたら、コーティング剤をボディー全体にムラなく塗り込みます。

今回は防汚、水切れ性に優れた排水型のガラスコーティング剤を使用しました。

施工後のメンテナンスもお客様ご自身で楽に行えることもあり、ご好評頂いているガラスコーティングです。

4

コーティング剤を塗った塗装の表面が白濁した状態になるまで時間を置いて乾燥させます。この状態になると余剰成分は揮発して表面に浮かび上がり、被膜はボディーにしっかり定着しています。

その状態を見極めてから、塗膜に傷を付けない専用のクロスで拭き上げます。

1

コーティングの拭き取りが終わると、車の塗装作業で使用する塗装・乾燥ブースにポルシェカイエンを入れて加熱乾燥を行います。

ブース内温度を60℃にキープし、1時間の強制乾燥を行います。冬の時期などはタイマーを長めに設定します。

インターパシフィックではコーティング後に60℃×1時間の加熱乾燥を行い、耐久性の高い被膜を完成させ、それを焼付コーティングと呼んでいます。

ガラス系のコーティングはどんな液剤でも最後に加熱乾燥させるか否かで性能に差が出ると確信しています。

車を一台丸ごと格納できる塗装乾燥設備を保有する板金塗装工場だからこそ実現できる贅沢なガラスコーティングです。

オーナー様、このたびはインターパシフィックにポルシェ カイエン GTSのコーティングをご用命くださり、誠にありがとうございました。

恰好よくて個人的にも大好きなポルシェ カイエン GTS、大切にお乗りください。

 

 

関連記事

ポルシェ 911 GT3 ガラスコーティング施工

2014/4/26
東京都世田谷区にお住まいのお客様から新車で納車されたばかりのポルシェ 911 GT3のコーティングを依頼されました。 この際、ボディーのガラスコーティング・・・
続きを読む

ポルシェ997 カレラS カブリオレ コーティング施工事例

2013/10/25
ポルシェ 997 カレラS カブリオレのボディーガラスコーティング施工事例をご紹介します。 前回コーティングを施工してから2年程経ち、ボディー全体に小キズも目立って・・・
続きを読む

ポルシェ カイエン コーティング施工

2013/6/12
横浜市青葉区にお住まいのお客様よりポルシェカイエンのコーティングを依頼されました。 このポルシェカイエンは5年程前に当社でコーティング・・・
続きを読む

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図