焼付コーティング | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装・コーティング インターパシフィック

焼付コーティング

インターパシフィックではガラスコーティングの被膜性能を最大限に引き出すために、コーティング施工後、車を塗装乾燥ブースの中に入れて、60℃×1時間の強制加熱乾燥を行っております。
加熱乾燥によってコーティング被膜の化学結合を促進させ、耐久性に、より優れた被膜を完成させることができます。
乾燥ブース

ボディーコーティングの欠点と対策

ボディー コーティングの欠点と施工の現状
ガラス系コーティングには施工後の初期段階で雨ジミが付きやすいという欠点があります。
雨や洗車後の不十分な水滴の拭き取りによって、白い輪状のシミがボンネット、ルーフ、トランクといった車のボディーの水平面に付着しやすくなるのです。
ガラス コーティングメーカー各社の施工マニュアルを見ても、ボディー ガラス コーティングは施工直後の一定時間、水濡れに注意するよう明記されていることが多いのです。それはコーティングの被膜の硬化には、充分な時間が必要であるということを意味します。
加熱乾燥の設備を完備していない多くのカーディーラーやコーティング施行店ではメーカーのマニュアル通りに、一定時間水に濡れないように自然乾燥させ、納車しているというのが現状です。
加熱乾燥の必要性と効果
車の塗料は充分に乾燥させなくては硬化しません。
しかし、自然乾燥だけでは溶剤分を揮発させることはできても、塗料を完全に硬化させることはできません。
塗料は加熱することによって、化学反応を伴い硬化するのです。
インターパシフィックではデュポン、スタンドックスという2種類の高級塗料を使用しておりますが、乾燥条件を60℃×1時間と設定しております。
ボディー ガラス コーティングにおきましても、硬化に一定の時間を要するガラス系皮膜が自然乾燥だけで充分に硬化し、高い性能を発揮するとはとても考えられず、塗料同様に強制的な加熱乾燥が必要不可欠です。
コーティング施行後に充分な加熱乾燥を行えば、初期段階の雨ジミ対策に効果を発揮するばかりか、コーティング皮膜の化学結合を促進させ、耐久性により優れた被膜を完成させることができます。
当社のこだわり
インターパシフィックではガラス系コーティングの欠点を補い、ガラス系被膜の性能を最大限に引き出すためにコーティング施工後、塗装&乾燥ブースの中に車を入れて塗料の乾燥条件と同じ60℃×1時間の加熱乾燥を行っており、これを焼付コーティングと称しております。

車をブースの中に入れてスイッチONすれば、バーナーが着火し、15分ほどでブース内は目標温度(60℃)に達します。あとは1時間後に車をブースから出して、クールダウンさせれば完了です。

乾燥ブース

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図