メルセデス ベンツ E320T(BENZ) 板金塗装 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

2008/7/19

メルセデス ベンツ E320T(BENZ) 板金塗装

メルセデスベンツE320T-20080719

メルセデス ベンツ E320T(BENZ) 板金塗装 修理です。

損傷状況:

自宅車庫のシャッターの支柱にベンツ E320ワゴン(W210)の左リアドアとクォーターパネルをぶつけてしまいました。お車の色が白なので、写真では判りづらいですが、かなり広範囲にへこんでいます。
オーナー様は以前板金塗装の仕上がりで嫌な思い(出来上がったら全然色が違っていた)をしたことがあるそうです。それゆえ今回の修理は、自費修理と言えどもとにかくキチンと仕上げて欲しいというご要望でした。

メルセデスベンツE320T-20080719

修理内容:

丁寧に板金します。この写真をご覧いただくと広範囲に凹んでいたことがお分かりいただけると思います。今回は自費修理ですが、保険修理であればドアは交換したいところです。

メルセデスベンツE320T-20080719

板金パテを付けます。

メルセデスベンツE320T-20080719

板金パテを研ぎ、仕上がった状態です。

メルセデスベンツE320T-20080719

サフェーサーを塗装します。今回は自費でのご修理なのですが仕上がり重視ということで、クォーターウインドガラスも脱着しました。この作業は外注作業としてガラス屋さんに依頼するのですが、約25,000円かかります。ガラスをはずして塗装するとマスキングでガラスを囲わなくて済むので、塗装の出来栄えが良くなります。

メルセデスベンツE320T-20080719

色を作ります。写真はベンツの指定塗料スタンドックスのミキシングマシーンです。100種類近くの原色が収納されています。

今回のベンツの塗色はアラバスターホワイト(960)です。この色を作るには5種類の原色で作ります。以下はメーカーの調色データで、1リットルの量の塗料を作るための配合です。

  • 白               1110.1g
  • オーカー(黄土色)        9.7g
  • 黒                 25.4g
  • 緑                 0.2g
  • 赤                 0.1g

白と言ってもこのようにいろんな原色を混ぜるのです。赤や緑もほんのわずかですが混ざっています。

メルセデスベンツE320T-20080719

調色データ通りに色を作っても、実車の色とはピッタリ合いません。上記の5種類の原色を足したり、他の色で薄めたりして、最適な色を作っていきます。そのたびに塗り板に塗装して実車見比べ、色を近づけていくのです。職人の経験と感性が要求される作業です。

色合わせについて詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

メルセデスベンツE320T-20080719

リアクォーターはドアとの境目がへこんでいたため、内側のロックピラーも板金塗装が必要でした。

メルセデスベンツE320T-20080719

塗装作業はブースの中で、ゴミや埃を遮断して行います。クリアー塗料は写真赤印のCピラーでぼかしました。オーナー様はルーフサイドからAピラーまで塗装してぼかしをしない方法も検討されましたが、そのためにはルーフキャリアの脱着、さらにはそれを外すために室内の天井のライニングも一部脱着しなくてはならなくなり、かなりのコストアップになるためCピラーでぼかすことにしました。

メルセデスベンツE320T-20080719

ドアプロテクターも新品に交換し塗装しました。

メルセデスベンツE320T-20080719

修理結果:

修理金額はドアプロテクターが9,828円(税込)、クォーターウインドガラス脱着を含んだ工賃が236,040円(税込)で、合計245,868円(税込)となりました。お客様はドコモコインを希望されました。税込み修理代金の5%分(100円につき5コイン)プレゼントいたしますので、12,290ドコモコインの獲得です。NTTドコモの携帯電話料金に12,290円としてご利用になれます。このたびは神奈川県 中郡より、わざわざ川崎市の弊社までお越し頂き誠にありがとうございました。

関連記事

メルセデス AMG C43 カブリオレ 鈑金塗装・修理 事例

2018/7/22
続きを読む

メルセデスベンツ GLC250 板金塗装 修理事例

2017/9/17
続きを読む

メルセデスベンツ ML350 鈑金塗装 修理事例

2015/1/29
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図