第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

フェラーリ F355 七宝焼きエンブレム取付加工

フェラーリ F355のフロントフェンダーに七宝焼きのスクーデリア・フェラーリ・フェンダーエンブレムを後付けするための板金加工作業をご紹介致します。
フェラーリ純正オプションのスカリエッティープログラムではフェンダーに加工してヘコミを作り、エンブレムがフェンダーに埋め込まれた状態で仕上っています。
しかし、フェラーリ F355に純正オプションでこの七宝焼きエンブレムが装着されている例は少なく、フェラーリ F355オーナーにとってこのエンブレム装着は一種の「憧れ」となっているそうです。

今回ご紹介する板金による埋め込み加工は大変な手間と技術とコストがかかるため、実際に作業を依頼するフェラーリオーナーさんは多くはありません。
一番安上がりな方法ではステッカーを張り付け、たまに七宝焼きエンブレムを埋め込んだフェラーリ F355を見かけたかと思い、よく見てみると、エンブレムの形にフェンダーを切り抜き、切り取った鉄板をオフセットさせて部分溶接しシーラーとパテで成形していたりします。

今回ご用命下さったフェラーリ F355のオーナー様は、切り抜きではなく、純正オプションと同じように板金加工で作業して欲しいと強く要望されました。

フェラーリF355-20100803

■作業内容

先ずは何といっても道具が必要です。ラウンドしているフェラーリのフェンダーをエンブレムの形に凹ますための「型」を用意しなくてはなりません。
この「型」、どこかで売っているわけではないので独自に作りました。エンブレムの寸法を正確に計測し、適切な「型」の板厚を決め、専門業者に特注してレーザーで切ってもらいました。

フェラーリF355-20100803

凹凸それぞれの型を作り、表と裏からフェンダーを挟んで板金加工するのです。

フェラーリF355-20100803

フェンダーにマーキングして七宝焼きエンブレムの取り付け位置を決めます。
予め、純正オプションのスカリエッティープログラムで装着されたフェラーリ F355等から取付位置は調査済みです。数ミリの個体差があることも確認済みですので、それを踏まえ位置決めをしました。

フェラーリF355-20100803

塗膜を削り落し、「型」を装着します。七宝焼きエンブレムの裏側には3本のボルトが付いているのでそのボルトが通る穴をフェンダーに3箇所開け、その穴を利用してフェンダーを表裏から挟んでボルト&ナットで固定します。

フェラーリF355-20100803

フェンダーの裏側です。凹の型が装着されています。

フェラーリF355-20100803

「型」をハンマーで叩いたり、ボルト&ナットを締め上げたりして、少しずつフェンダーを凹ませます。

フェラーリF355-20100803

七宝焼きエンブレムをフェンダーに当てがい、ヘコミ具合やガタを何度も確認しながら、フェンダーを加工します。

フェラーリF355-20100803

湾曲しているフェンダーとエンブレムをフィットさせるため、「型」の湾曲具合もハンマーで叩いて調整します。こんな作業を何度も何度も繰り返します。とても根気の要る作業です。

フェラーリF355-20100803

ハンマーやたがねで高い部分を叩いたりもします。

フェラーリF355-20100803

フェラーリF355-20100803

こうして七宝焼きエンブレムの形にフェンダーを凹ませることができました。
でもここからがまだまだ大変なのです。これだけフェンダーを凹ませたわけですからその周りの鉄板は引っ張られ、歪んでしまっています。

フェラーリF355-20100803

フェンダーの加工によって歪んだ周辺部位を板金します。

フェラーリF355-20100803

取り付けの最終確認を行います。七宝焼きエンブレムはキチンとフェンダーにフィットしています。

フェラーリF355-20100803

鉄板の表面を綺麗に仕上げ、脱脂を行いパテを付けます。

フェラーリF355-20100803

パテを研ぎ、板金加工作業が終わった状態です。凹み加工したエンブレム取り付け部はパテでの成形は一切していません。
ここまでで板金の職人が費やした時間は正味10日間程です。

フェラーリF355-20100803

フェンダーの裏側もキレイです。火で炙ったりしていないので、裏側の焼けもありません。

フェラーリF355-20100803

フェンダーの裏側にチッピングコートを塗装し、仕上げるとこのようになります。

フェラーリF355-20100803

サフェーサーを塗装します。ここからは塗装職人の仕事になります。充分な加熱乾燥を行い、時間をかけて塗膜をしっかり硬化させます。
その後耐水ペーパーを使い、硬化したサフェーサーを研ぎ平滑に仕上げます。

フェラーリF355-20100803

塗装ブースの中で、ゴミやホコリを付けないように細心の注意を払い、フェラーリ独特の塗装肌を再現させます。
加熱乾燥により塗膜を完全硬化させてから、磨き作業を行います。

フェラーリF355-20100803

完成です!!どこから見ても後付けとは思えない仕上りとなりました。
フェラーリ F355のオーナー様にも大変ご満足していただきました

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ