第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

フェラーリF355 マグネシウムホイール 修理

フェラーリF355の純正マグネシウムホイールの修理塗装事例をご紹介します。

マグネシウム合金は実用の中では最も軽い金属で、フェラーリF355の純正ホイールにも採用されております。

しかし軽量である反面、耐食性が非常に低く塗装の密着性が悪いという欠点があります。

そのためホイール製造時にはそれらの問題をカバーするために特殊な化成処理が施され、その後に塗装されるのですが、写真のようにマグネシウムの素地にまで達する傷が付いてしまうと修理塗装は困難を極めます。

アルミホイールや車のボディーの修理と同じ方法で塗装すると、マグネシウム合金はすぐに腐食してしまいます。そうなると塗膜が膨れて浮き、やがて塗装が剥がれてしまいます。

インターパシフィックではこの問題を解消するためのマグネシウムホイールのリペア方法を確立しておりますので、以下にその作業内容をご紹介します。

先ずタイヤを脱着し、ホイールの傷を入念に削り落します。オリジナルな塗装ではマグネシウム合金の素地に腐食対策と塗装の密着性向上のための表面処理が施されていますので、必要最低限の範囲で研削を行います。

 

 

 

 

 

 

 次にマグネシウム合金専用の特殊プライマーを塗布します。

ここで使用するプライマーがマグネシウムホイール修理の一番の肝になります。

 

 

 

 

 

さんざん苦労してやっとたどり着いた専用プライマー。

入手経路はさすがに企業秘密です。

 

 

 

 

 

120℃×40分という高温で焼き付けなくてはなりません。

非接触タイプの表面温度計を使ってマグネシウムホイールの表面温度を120℃にコントロールしながら、近赤外線ヒーターでプライマー塗膜をしっかり焼付ます。

 

 

 

 

 

研ぎ作業等の下処理、マスキングを済ませ、塗装の準備が整います。

 

 

 

 

 

 

塗装・乾燥ブースの中でゴミやホコリが付かぬよう慎重に塗装作業を行います。

フェラーリF355のマグネシウムホイールのオリジナルな塗色は、全く問題なく再現できます。

 

 

 

 

 

塗装完了です。新品のように仕上ります。

 

 

 

 

 

 

タイヤを組み付けて完成です。足元がピカピカだと車の質感がグッとアップします。

フェラーリF355のマグネシウムホイールの修理塗装、傷の程度にもよりますが、1本42,000円(税込、タイヤ脱着工賃除く)にて承ります。

 

 

 

 

 

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ