第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

ボルボV70 リアドア板金塗装 修理事例

2

ボルボV70の板金塗装事例をご紹介します。

自宅の駐車場からボルボを出庫させる際、ポリバケツを巻き込んでしまい、左のリアドアとリアフェンダーの下部を傷つけてしまいました。
お車を拝見したところ、リアドアの下のほうはへこんでいましたが、リアフェンダーは凹みがなく、黒く傷のようになっていましたが、塗膜が削れているわけでもないので、磨きだけできれいになりました。

リアドアだけの板金塗装でしたので、自費できれいに直してほしいとのご要望でボルボV70をお預かりしました。

3

まずはドアの凹みを板金し、極力元の面の状態に戻します。

4

パテを薄く付け、充分に硬化させてから、研ぎあげます。

5

サフェーサーを塗装し、板金した部分をしっかりとシールします。

塗膜を赤外線ヒーターで加熱乾燥させ、しっかり硬化させます。

6

サフェーサーが硬化したら、耐水ペーパーを用いて塗膜を平滑に研ぎあげます。

同時にパネル全体も研ぎこみ、塗装の密着がよくなるように仕上げます。

塗装する表面を入念に脱脂し、マスキング作業を行います。

7

塗装ブースの中でごみやほこりが付かないように注意を払い、ボルボ独自の塗装肌を忠実に再現させます。
塗膜を加熱乾燥によってしっかり硬化させた後、磨き作業を行います。

8

ボルボV70の板金塗装作業完了です。

何事も無かったかのように元通りに直りました。

1

修理費用は税込94、710円となりました。

このたびはインターパシフィックにボルボV70の板金塗装をご依頼くださり、誠にありがとうございました。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ