フォルクスワーゲン ポロ(VW Polo) コーティング施工事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

コーティング事例

コーティング事例

フォルクスワーゲン ポロ(VW Polo) コーティング施工事例

5

埼玉県にお住まいのお客様よりフォルクスワーゲン ポロのコーティングを依頼されましたので、ご紹介します。

新車で購入して納車間もないフォルクスワーゲン ポロですが、停車しているところを他の車にぶつけられ、右後側面を傷付けられてしまいました。

大きな凹みはありませんが、リアドア、リアフェンダー、リアバンパーにダメージを受けました。

6

100%被害事故なので、相手の対物保険で完璧に修理して欲しい、そして修理完成後にボディーのコーティングを施工して欲しいというご依頼でした。

7

新車同然のお車で、今後長い年月お乗りになるわけですので、細心の注意を払って板金塗装作業を行いました。

ゴミやホコリをシャットアウトした塗装ブースの中でフォルクスワーゲン本来の塗装肌を忠実に再現し、強制加熱乾燥で溶剤を充分に揮発させ塗膜をしっかり硬化させます。

板金塗装後のコーティングで塗装に悪影響が出ないよう、時間をかけて塗膜を硬化させます。

2

板金塗装作業が終わると、きれいに洗車し、磨き作業に入ります。細かな傷でも良く見える特殊な光源をボディーに当てて、入念な磨きを行います。

3

塗膜の状態や傷の深さや多さによって使うポリッシャーも異なりますが、インターパシフィックで主に使用しているのは空圧で回転するエアーポリッシャーです。

一般にエアーポリッシャーはパワー不足で研磨作業には不向きと言われています。そのため使われたとしてもせいぜい最終の艶出し磨き程度です。

塗膜をしっかり研磨するにはトルクの高い電動のポリッシャーを使うのですが、このエアーポリッシャーだけは別格です。

トルクと回転数が電動ポリッシャー並みに高いので、しっかり磨けますし、偏芯した回転動作をするためバフ目(ポリッシャーの回転によって生じる傷)が付きにくく、オーロラのようにギラギラしたバフ目も付かないので黒や赤などの濃色車でも安心して磨く事ができます。

バフやコンパウンドを数種類使い分け、フォルクスワーゲン ポロを艶艶に磨き上げていきます。

4

磨きと下処理が終わるとコーティング剤を塗り込みます。今回は水切れの良い排水型のガラスコーティングで施工しました。

画像のように表面が白濁した状態になるまで時間を置いて乾燥させます。この状態になると余剰成分は揮発して表面に浮かび上がり、被膜はボディーにしっかり定着しています。

塗膜に傷を付けない専用のクロスで拭き上げます。

1

コーティングの仕上げは加熱乾燥です。車を塗装・乾燥ブースに入れて室温を60℃に加熱します。

なぜ60℃かと言いますと、それ以上高温だとゴム類や樹脂パーツに変形などの悪影響がでる恐れがあるからです。

室温60℃に保たれたブース内で1時間しっかり乾燥させると、耐久性に優れたコーティング被膜が完成します。

ガラス系のコーティングは施工後に強制的に加熱乾燥させるかどうかで性能に差がでると言われています。

塗装でも充分に加熱した塗膜とそうでない塗膜では性能に歴然とした差が出ます。コーティングの被膜も化学反応によって生成されるわけですから、当然と言えば当然です。

今回のフォルクスワーゲン ポロは、新車で購入して日が浅いのにぶつけられ、お客様も大変がっかりされておりました。

少しでもお気持ちが和らげられればと思い、できる限り丁寧に仕上げさせていただきましたので、どうか大切にお乗りください。

埼玉県からわざわざご来店くださり、インターパシフィックにお車の修理とコーティングをご依頼頂き、誠にありがとうございました。

 

関連記事

フォルクスワーゲン ポロ GTI コーティング施工事例

神奈川県 川崎市にお住いのお客様よりVW POLO GTIのボディー コーティングとホイール コーティング施工の御依頼を受けました。 一年落ちの中古車で購入されたそうで、どこにコーティン…
続きを読む

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント ボディー コーティング

お客様は半年程前にフォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントを新車で購入しました。お車を購入した際にはコーティングはしませんでした。しかし、次第に洗車キズや知らぬ間に付いた小…
続きを読む

フォルクスワーゲン イオス(VW) ボディー コーティング

メーカーの展示車だったフォルクスワーゲン EOSを一年落ち、走行距離1000Kmとおいうコンディションで購入し、つい先日納車されたそうです。コーティング施工と、単体で購入したフロン…
続きを読む

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図