ルノー キャプチャー 板金塗装 修理 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

ルノー キャプチャー 板金塗装 修理 事例


神奈川県茅ケ崎市にお住いのお客様より、ルノー キャプチャーの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はお出掛け先の駐車場でルノー キャプチャーの右フロント部分を他の利用者にぶつけられてしまったそうです。
ルノー キャプチャーのフロントバンパー・フォグランプトリムカバーと黒い素地部品のフロントバンパーロアカバーに傷が付いています。
お客様は以前他の工場で修理した際に、修理部分と未修理部分で色の違いが分かる様な修理をされてしまった経験があるそうです。
今回の修理ではそのような事にならない様にしたいとの思いからインターネットで検索し弊社にお問い合わせをくださり、作業方法や塗装範囲・仕上がり等に関するご説明を詳しくさせていただき、ご納得いただいた上でお車をお預かりしました。


今回のルノー キャプチャーの修理は、相手の対物保険による修理となります。
フロントバンパー廻りの損傷以外に左右フロントフェンダーのヘッドライト脇の角にも塗装の剥がれがありました。
保険会社による損傷状態の確認の際に、樹脂製のフロントバンパーや左右フロントフェンダーが事故でぶつかった衝撃によりたわみ、動いた事で付いた傷ではないかと指摘すると、相手保険会社はこの損傷も今回の事故に起因する物と認定してくださり左右フロントフェンダーも修理塗装する事になりました。

また当初分解前の段階ではフロントバンパーは修理塗装で対応する予定でおりましたが、車体から取り外して分解してみたところフォグランプトリムカバーとの接続部分が割れてしまっていたため、保険会社やお客様にご報告の上でフロントバンパーは新品部品に交換する事になりました。


ヘッドライト等作業の妨げになる部品を取り外し、左右フロントフェンダーの塗装の剥がれを削り落します。

フォグランプトリムカバーの傷も丁寧に削り落とします。



それぞれの傷を削り落した部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

新品のフロントバンパーが入荷しました。
国産車とは異なり、ほとんどのがいしゃ輸入車の樹脂製部品は未塗装の状態での部品供給になりますので、取り外したバンパーとの形状の違いが無いかを良く確認し、この後目の細かい研磨紙でフロントバンパー全体を研ぎ上げて塗装前の準備を行います。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がルノー キャプチャーの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
傷があった周辺には調色して作った塗料を塗装していますが、フロントフェンダーのパネル内で徐々にグラデーションさせておりドアに近い部分には調色した色を塗装しておらず元の色を残してあるので、フロントフェンダーとドアでの色の差異が発生する事はありません。

新品のフロントバンパーを塗装しやすい高さの台にセットし、ボディ同様に熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。

フォグランプトリムカバーも塗装しやすい高さの台にセットして塗装します。
バンパー本体やボディとは異なるオレンジ色の為、このルノー キャプチャーの修理塗装の為には2色分の調色作業が必要になりました。
左側のフォグランプトリムカバーには傷はありませんでしたが、左右で色の差異が出る事を避ける為に左右共を同時に塗装しました。



塗装作業完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてルノー キャプチャーの板金塗装 修理は完了です。

今回のルノー キャプチャーの保険会社との協定修理費用は、部品代が97,570円と作業工賃が221,320円の合計318,890円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにルノー キャプチャーの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったルノー キャプチャーを大切にお乗りください。

関連記事

ルノー メガーヌ 追突事故 修理事例

神奈川県相模原市にお住いのお客様より、ルノー メガーヌの追突事故修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はお買い物に出掛け、スーパーの駐車場にルノー メガーヌを車止めに…
続きを読む

ルノー カングー 板金塗装修理事例

川崎市宮前区にお住いのお客様より、ルノーカングーの修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は、お買い物で立ち寄ったコンビニの駐車場で切り返しをしている際に、ルノー…
続きを読む

ルノー カングー 板金塗装・修理事例

川崎市にお住いのお客様よりルノーカングーの車両保険を使った板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。 左カーブを走行中左側に寄せ過ぎてしまい、ガードレールに接触してしま…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図