アストンマーティン ヴァンテージ 板金塗装 修理事例(保険修理) | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

アストンマーティン ヴァンテージ 板金塗装 修理事例(保険修理)


埼玉県にお住いのお客様より、アストンマーティン ヴァンテージの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は自宅マンションの地下駐車場から出る際に、慣れた場所だった事もあり気を抜いてしまい、目測を誤り壁にアストンマーティン ヴァンテージの右フロント部分を擦ってしまったそうです。
フロントフェンダーとフロントバンパー、更にヘッドライトも傷付いてしまい修理費用が高額になる事が予想される為、ご加入の車両保険を使って直す事になりお車をお預かりしました。

保険会社による損傷状態の確認(立ち会い)が済んでから損傷部周辺を分解した所、フロントフェンダーの内部に付いているエアクリーナーケースの取付けステーが折れている事が判明し、この損傷も今回ぶつけた事による同一事故の損傷と認定されました。
今回のアストンマーティン ヴァンテージの作業方針は、割れてしまっている樹脂製の右フロントフェンダーは取替及び塗装、フロントバンパーは傷の修理及び塗装、右ヘッドライトとエアクリーナーケースの取替となります。
また、交換するフロントフェンダーに隣接するボンネットとドアには色合わせの為のボカシ塗装をする事になりました。
今回のストンマーティン ヴァンテージの修理に必要な部品のほとんどが国内に在庫が無く本国からの手配になりました。
お客様もアストンマーティンの部品の入手には時間が掛かる事が多いのはご存じでいらっしゃり、修理完了までにお時間が要する事をご了承いただきました。

ようやく届いた新品のフロントフェンダーと車体から取り外したフロントフェンダーを並べて形状の違いが無いか良く見比べます。

新品のフロントフェンダーとヘッドライト、そして部品が届くまでの間に傷を削って修理しておいたフロントバンパーを車体に組み付け、パネル同士の隙間や面の出入り具合を確認します。

新品のフロントフェンダーはドアとフロントバンパーとの面の出入り具合を削って調整する必要がありました。


フロントフェンダーは1面全面とフロントバンパーは傷を削った部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がアストンマーティン ヴァンテージの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。


フロントフェンダーとフロントバンパーを塗装しやすい高さの台にセットして、ボディ同様に熟練の塗装職人が丁寧に塗装します。

自動車の塗装の表面は肌と呼ばれる僅かな凹凸があります。
これは、メーカーや車種によっても肌の凹凸具合が異なるのですが、ロールスロイスやベントレー、そしてこのアストンマーティン等一部の輸入車は塗装の表面がまるで鏡の様につるつるの状態になっています。これを私たちは鏡面仕上げと呼んでいます。このように塗装を仕上げることで独特な高級感を出しているのです。
通常通りに塗装してはこの鏡面仕上げには出来ないので、クリアー塗料を若干厚めに塗装し、硬いあて板を付けた研磨紙で塗装面を写真の様に平滑に研ぎ上げ、肌の凹凸を完全に削り取ってしまいます。
この後、数種類のコンパウンドとバフを使いポリッシャーでつるつるに磨き上げます。
先ずは研磨紙で研いだ塗装面全てを粗めのコンパウンドで磨き、段階的に細目、微粒子、超微粒子とコンパウンドを数種類使い分けて磨き上げていくので、鏡面仕上げになっていない普通の車に比べ塗装工程や磨き作業には多くの手間や時間を要します。そのため塗装費用が高額になってしまいます。

塗装作業・鏡面仕上げ磨き完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてアストンマーティン ヴァンテージの板金塗装 修理は完了です。

今回のアストンマーティン ヴァンテージの保険会社との協定修理費用は、部品代が1,429,472円と作業工賃が1,320,000円の合計2,749,472円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにアストンマーティン ヴァンテージの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったアストンマーティン ヴァンテージを大切にお乗りください。

関連記事

アストンマーティン ヴァンテージ 板金塗装 修理 事例

東京都港区にお住いのお客様より、アストンマーティン ヴァンテージの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はコインパーキング内で切り返し中に、誤ってアストンマ…
続きを読む

アストンマーティン 鈑金塗装・修理事例(車両保険)

東京都港区にお住いのお客様より、アストンマーティンDB9ヴォランテの鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。 お出掛け先の駐車場でアストンマーティンDB9ヴォランテの右側面…
続きを読む

アストンマーティン DB9 ボンネット 板金塗装 修理事例

東京都町田市にお住いのお客様よりアストンマーティンDB9の板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介いたします。 自宅ガレージのシャッターにボンネットの先端をぶつけてしまったそう…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図