アウディ A4 板金塗装 修理 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

アウディ A4 板金塗装 修理 事例


横浜市港南区にお住いのお客様より、アウディ A4の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はご自宅のガレージに車を駐車する際に、誤ってアウディ A4の左リアドアとクォーターパネルをコンクリート製のガレージの支柱ブロックに擦ってしまったそうです。
若干のへこみと線傷がついてしまいましたが、ご自分でタッチアップをしてみたところ意外と目立たなくなったので、しばらくはそのままにしていたそうです。


ずいぶん日が経った別の日に、バックで路肩に車を寄せた際に目測を誤りアウディ A4のリアバンパーの左側をガードレールに擦ってしまいました。
慌てて切り返したところで今度は左フロントホイールのリムを縁石で擦ってしまったそうです。
大切に乗ってきたアウディ A4に傷が増えてしまったので、全ての損傷をまとめて直したいとの事でご相談に来店されました。
車両保険を使おうとしても少なくとも2事故にカウントされる事になり、保険等級や保険料の値上がりの事を考慮しますと保険は使わない方が良いという判断になりました。
全ての損傷を元通り綺麗にかつ費用を抑える修理方法をご提案・お見積りし、自費修理としてアウディ A4をお預かりしました。

今回のアウディ A4の作業方針は、リアドアとクォーターパネルは板金及び塗装、リアバンパーとホイールは小さい範囲での部分塗装をする事になりました。
まずはリアドアとクォーターパネルのへこみを板金修理します。

僅かに残る凹凸にはパテを付けて綺麗に成形します。

リアバンパーは幸いにも変形は無く表面上の傷だけだったので、バンパーの一部分だけを取り外してセンサーやリフレクターレンズを取り外し、傷をサンダーで平滑に削り落とします。

アルミホイールの傷もさほど深くは無かったので、バンパー同様に傷をサンダーで平滑に削り落とします。

今回のアウディ A4のリアドアとクォーターパネルを塗装する場合に費用面を気にしなければ、リアドアは付属部品を全て取り外して全面の塗装、クォーターパネルはリアピラーからルーフサイドを通りフロントピラーまで、また下側はロッカーパネルモールを取り外してロッカーパネル前方までのひと繋がりのパネル全面を塗装する方法がベストな塗装範囲となります。
しかし、その方法を採ろうとすれば取り外す部品も増え塗装面積も広くなり、作業工賃が高くなってしまいます。
全ての車種で同様の方法が採れる訳ではありませんが、このアウディA4のボディ形状と今回の損傷の位置であればドアハンドルのすぐ上にあるプレスラインを利用して上下で塗り分ける事が出来、ドア水切りモールとクォーターガラスを脱着せずに済みます。
また、ロッカーパネルモールは取り外す事で再使用が出来なくなる為マスキング処理して塗装する事にしました。
そうする事で塗装範囲も狭くすることが出来、取替部品代や部品の脱着費用も抑える事が出来る為修理費用を抑える事が可能になるのです。



リアドアとクォーターパネル、リアバンパーとアルミホイールのそれぞれの修理部分にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がアウディ A4の塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

アルミホイールも複雑なデザインを利用し、様々なマスキング技術を駆使し小さな範囲での部分塗装をします。



塗装作業完了後、取り外していた部品を元通り組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてアウディ A4の板金塗装 修理は完了です。

今回のアウディ A4の修理費用は、作業工賃が174,240円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックに、アウディ A4の板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったアウディ A4を大切にお乗りください。

関連記事

アウディ Q5 板金塗装 修理 事例

東京都大田区にお住いのお客様より、アウディQ5の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はお出掛け先の駐車場から出る際に、誤ってアウディQ5 の左後方部分を内輪差…
続きを読む

アウディ A3 板金塗装 事例(保険修理)

東京都港区にお住いのお客様より、アウディ A3の板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は細い路地へ左折する際に、その路地から出てくる対向車を避けようとハンドル…
続きを読む

アウディ A5カブリオレ 板金塗装 修理 事例

横浜市港北区にお住いのお客様より、アウディ A5カブリオレの板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はご自宅の駐車場に駐車する際に、誤ってアウディ A5カブリオレの…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図