フェラーリ 458 スパイダー バンパー修理 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

フェラーリ 458 スパイダー バンパー修理

東京都内にお住いのお客様よりフェラーリ 458スパイダーのフロントバンパーの修理・塗装を依頼されましたのでご紹介します。中古車で上質なフェラーリ458スパイダーを購入したが、前のオーナーさんの時にフロントバンパーを飛び石傷の修理か何かで塗り直しており、バンパーの色がボンネットやフロントフェンダーと比べてあまりにも黒ずんでいる。またその際の組み付けが悪いのか、バンパーとフェンダーの端と端が緩衝して、バンパーの塗装が一部剥がれているとのことで、画像を添付してメールでお問い合せ頂きました。
このフェラーリ 458スパイダーは、「ビアンコフジ」という白の3コートパールのボディーカラーです。
一般的なパールホワイトの車に比べるとパールの含有量が約2倍なのでまさに真珠のような輝きのボディーカラーです。

塗料の調色は困難を極め、何度かの塗り直しは覚悟の上で塗装しなくてはならない特殊なカラーです。
お客様もそのことはよくご存じだったようで、見る角度や場所よってボンネットやフェンダーとの色見が異なって見えることも充分ご理解されていたようです。しかしそれでも現状の塗装はあまりにも色が黒ずんでおり、この状態のままでは乗る気になれないということで弊社にバンパーの修理と塗装をご用命下さいました。

バンパーは、フェンダーと緩衝している部分の傷と下部の小さな傷以外には飛び石傷なども無かったのですが、これまでに何回塗り重ねられているのかわからないので、古い塗膜はサンダーと手作業でできる限り削り落とします。

次にプライマーサフェーサーを塗装してバンパー全体をしっかりシールします。

充分に加熱乾燥させた後、手作業でサフェーサーを研いで平滑に仕上げます。

ゴミやホコリをシャットアウトした塗装ブースの中でフェラーリの塗装に精通した熟練の塗装職人がバンパーを綺麗に塗り上げます。
調色は他の色に比べるととても難しいのですが、これまでもビアンコフジのフェラーリは何台も塗装して慣れているので、塗装は1回できっちり色を合わせることができました。

バンパーをビアンコフジに塗った後は、センター部分を艶消しの黒に塗装します。
フェラーリのオリジナルの塗装はボディーカラーが塗られた上に艶消しの黒が塗られているので、この部分が無傷であったとしても必ず最後に艶消しの黒を塗装しなくてはなりません。ボディーカラーと黒との境界部分の塗装の段差をオリジナルと同じにするためです。
艶消しの黒の塗料もどこの材料を使えばフェラーリのオリジナルと同じトーンの黒に仕上がるか、そこにたどり着くのにも経験が必要です。
塗料の選定ができないととても安っぽい仕上がりになってしまいます。

ところでバンパーを取り外して判ったのですが、ボンネットのリリースレバーの横の隙間を隠すための黒のシールに白い塗料が付着していました。これは前回のバンパー塗装の時にシールをマスキングして作業したためと思われます。
見えないところでも丁寧に仕上げなくては、後で判った際には信用を損ねます。
このことはお客様にご報告し、シールを剥がしてからバンパーを塗装し、最後に綺麗に貼り直し致しました。大した手間でもないのにどうしてこんな雑な仕事をするんでしょうかね・・

仕上がりはお客様にいろいろな角度からご確認していただき、大変ご満足して頂けました。

フェラーリ 458スパイダーの修理費用は、税込270,000円となりました。このたびはインターパシフィックに大切なお車の修理をご用命頂き、誠にありがとうございました。
とても素敵なフェラーリ 458スパイダーを大切にお乗りください。

関連記事

フェラーリ 612スカリエッティ バンパー修理 塗装

東京都内にお住いのお客様より、フェラーリ612スカリエッティのバンパー修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。 お車で出掛けようとしたところ、フェラーリ612スカリエッティのフ…
続きを読む

フェラーリ F430 板金塗装 事例(保険修理)

東京都町田市にお住いのお客様より、フェラーリ F430の鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。 車で出掛けようと自宅車庫から出る際に、誤ってフェラーリ F430の右側面を車庫…
続きを読む

フェラーリ458スペチアーレ 【スプレー式】プロテクションフィルム 施工事例

フェラーリ458スペチアーレに新技術の【スプレー式】ペイント・プロテクションフィルムを施工させて頂きましたのでご紹介します。 高級車やフェラーリのようなスーパーカーを中心に最…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図