BMW 320i 板金塗装 修理 事例


東京都杉並区にお住いのお客様より、BMW320iのフロントバンパー修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は駐車する際の切り返し中に、ブロック塀にBMW320iのフロントバンパーの右角を擦ってしまったそうです。
予期せぬ出費になってしまったのですが、車両保険を使う程の損傷ではないので、自費で出来るだけ費用を抑えて修理して欲しいとのご要望で、お車をお預かりしました。

傷は一部深い部分もあり比較的広範囲に及んでいましたが、幸いにも大きな変形やバンパー自体が割れている様な事は無かったので、フロントバンパーを車体に付けたままで作業する事が出来ました。
フロントバンパー表面の傷をサンダーで綺麗に削り落とします。

傷を削り落とした部分を覆い隠す様に、プライマーサフェーサーを塗装ししっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させ、その後、目の細かいサンドペーパーを使い手作業で塗装範囲を平滑に研ぎ上げます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がBMW320iの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回のお客様のご要望は費用を抑えたいとの事なので、フロントバンパーの右側半分位までの部分塗装の方法で作業しました。
フロントバンパーに付くメッキモールは、本来なら取り外して作業した方がより綺麗に塗装する事が出来るのですが、このメッキッモールを破損させずに取り外す為には、フロントバンパーを車体から取り外し裏側からの作業が必要になり、その分のバンパーの脱着費用が余計に掛かってしまうので、お客様にご了承いただいた上でメッキモールはマスキングで対処させていただく事になりました。

塗装が完了し部分塗装で塗り分けた箇所を丁寧に磨き上げ、洗車・最終仕上げ磨きをしてBMW320iのフロントバンパー修理塗装は完了です。
マスキング処理したメッキモール廻りも、特にバリ等が残ることも無く十分綺麗に仕上げることができました。

今回のBMW320iのフロントバンパーの修理塗装費用は、作業工賃が32,400円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックに、BMW320iのフロントバンパー修理塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったBMW320iを大切にお乗りください。

BMW M135i フロント廻り事故 保険修理事例

20141125bmw135i-1東京都杉並区にお住いのお客様からBMWM 135iの鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介いたします。
幹線道路から細い道へ左折する際、後方の車列の左側をすり抜けてきたバイクに衝突され左フロント廻りに大きな損傷を受けてしまいました。
このような事故の場合、BMW M135iのお客様にも過失が発生してしまいますが、過失割合が決定するのに長期間掛かる場合があります。
損傷の大小に関わらずこの過失割合が決まらない事には、ご自分の修理費用の負担金額が明確にならない為、過失割合が決まるまで修理の着手に踏み切れない場合があるのですが、幸いにもお客様は車両保険に加入されていたので、過失割合が決まるのを待たずに車両保険先行で修理に着手することができました。

20141125bmw135i-2バイクや自転車はハンドルやミラー、ブレーキレバーやペダル・ステップ等の突起物が多い為、事故が起きた場合、車の損傷が広範囲に及んでいることが多いのです。

20141125bmw135i-3このBMW M135iもフロントフェンダーが大きくへこんでいた以外にもフロントドアやドアミラー、写真では分かりませんがボンネットにも大きな凹みがありました。(赤丸)
ヘッドライトが傷つきフロントバンパーも変形していました。
また、ステアリングをまっすぐにして停めたにも関わらず左フロントタイヤの向きがおかしな事になっており、足廻りへの影響も確認する必要があります。(青矢印)

20141125bmw135i-4ホイールの表面に多数傷があり、バイクがホイールにも直撃した事が分かります。

20141125bmw135i-5車両をリフトアップしてみると、ステアリングラックエンドのシャフトが大きく変形していました。

修理内容はフロントバンパー・ボンネット・フロントフェンダーの交換塗装、フロントドアの鈑金塗装、ヘッドライトとドアミラーカバー・タイヤホイールを含め左サスペンションやステアリングラックASSYの取替になりました。

20141125bmw135i-6まず、ボディ外装部分から作業を始めてまいります。
新品のボンネットとフロントフェンダーを車体に取付け立付けの確認や調整をします。

20141125bmw135i-7フロントドアの凹みは鈑金しパテを使い成形しました。

20141125bmw135i-8フロントドアの鈑金部分にプライマーサフェーサーを塗装ししっかりとシールします。

20141125bmw135i-10新品のボンネットとフロントフェンダーの裏側を元々付いていたパネルに雰囲気を似せて塗装します。

20141125bmw135i-11

20141125bmw135i-12外板パネル類を塗装ブース内に移動し、BMWの塗装肌・質感を再現させるべく熟練の塗装職人が各パネルを丁寧に塗装します。

20141125bmw135i-13

20141125bmw135i-14

20141125bmw135i-15塗装が終わると足廻り部品の交換作業に取り掛かります。
実際に目視で損傷が確認できる部品はもちろんの事、ステアリングラックエンドのシャフトが大きく変形する程の入力を横方向から受けている為、影響を受けていると思われるアーム類・ナックル・ハブベアリング・ショックアブソーバー等の部品交換を保険会社に認定してもらいました。
もちろんステアリングラックASSYやタイヤホイールも新品に交換しました。

20141125bmw135i-16

20141125bmw135i-17

20141125bmw135i-18全ての外装部品を組み付け、4輪ホイールアライメント調整や走行テスト・各部作動点検をして修理完了です。
お客様は以前インターパシフィックでボディガラスコーティングを施工して下さっており、その時の施工証明書を保管されていらっしゃったので、保険会社に施工証明書を提示し、今回修理塗装した部分のボディガラスコーティングの再施工をおこないました。コーティングの施工証明書で保証期間内であることが判れば、その費用は保険会社に認定してもらえます。

20141125bmw135i-19今回のBMW M135iの保険会社との協定修理費用は、部品代1.124.302円と工賃462.553円の合計1.586.855円になりました。
このたびはインターパシフィックにBMW M135iの鈑金塗装修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったBMW M135iを大切にお乗りください。

シトロエン DS3 板金塗装 修理事例

2シトロエン DS3の板金塗装、修理事例をご紹介します。

コンビニのパーキングに駐車していたところ、バックして来た車にぶつけられてしましました。シトロエン DS3は右ドアとリアフェンダーにダメージを受けてしまいました。

3

リアフェンダーは板金での修理が可能ですが、ドアは損傷が酷く新品に取替える必要があります。

4

ドアを開けたリアフェンダーの内側部分のロックピラーにも変形が見られるので、板金で修理する必要があります。

今回の事故は100%被害事故ですので、相手車両の対物保険でシトロエン DS3を修理させて頂くことになりました。

5

新品のドアパネルをボディーに取り付け、ドアとの隙間やパネルの曲面やプレスラインを注意深く確認しながら、リアフェンダーの板金を行います。見た目には完全に元通りの鉄板の状態と言って良いくらいの精度まで、妥協せず板金で面出しを行います。

6

高い精度で板金し見た目には元通りのパネルの状態に復元できても、ごくわずかな鉄板の凹凸やひずみはとりきれないため、最後はパテを付け平滑に研いで仕上げます。

当社で使用しているパテはヨーロッパ製の物ですが、硬化すると他のパテに比べとても硬くなり、板金職人にとっては研ぎ難く手間がかかる材料なのですが、その分高品質でパテ痩せを起こしにくい優れ物です。

7

次に二液硬化型のサフェーサーを塗装し、板金してパテを付けた部位を完全にシールします。

赤外線ヒーター等を用いて充分に加熱硬化させ、耐水ペーパーで研いで仕上げます。

8

新品ドアパネルの裏吹きと呼ばれる塗装作業です。

ドアパネルは、電着塗装と言う新車の製造ラインで行われているのと同様の塗装がされた状態で供給されますが、次工程の塗装の密着性を上げるためパネルの表裏にしっかり研ぎを入れなくてはなりません。

9

そしてパネルの表裏にサフェーサーを塗装し、次に今回のボディー色である黒(メタリック)をボディーの裏面に塗装します。

赤く囲った内側はグレーに塗装されていますが、これはオリジナルの状態を模して意図的に行ったものです。

シトロエン DS3は新車製造ラインでグレーの電着塗装を施され、ボディー色である黒(メタリック)を塗装されたようです。

新車の塗装工程ではドアはボディーにとりつけられていますが、内側も同時に塗装するため、ドアは半開きの状態で固定されています。赤枠の辺りは最終的にトリムが取り付けられるので、塗装の美観は関係ないため色が染められていません。

シトロエンに限らずどんな車でもそうですが、フェンダーでもドアでもボンネットやトランクでも、トリムやカバーで隠れてしまう裏側はだいたいこんな感じに仕上がっています。

その為、インターパシフィックではドアの裏側を電着塗装のグレーと同じ色を作って塗装し、その後ボディー色を塗装してオリジナルと同じように仕上げます。

お客様の目に留まらない所であっても、可能な限り忠実に元々の状態に復元することを徹底しています。

10

ロックピラーやステップなどボディーの内側を塗装します。

この部分は塗装したことが判ると事故歴車を疑われますので、ボディーの内側とは言えゴミやホコリが付かぬよう気をつけて塗装ブースの中で作業します。

11

ドアの裏吹き、ボディー内板の塗装作業が終わると、いよいよ外板パネルの塗装作業となります。

塗装の密着性をよくするため、パネルの隅々までしっかり研ぎこみます。今回はドアとの色のわずかな差異を解消するため、フロントフェンダーも塗装します。

ドアとの隣接部位にボディー色を吹き付けてぼかし、トップコートのクリア塗装を全面に施します。

12

ゴミやホコリがつかぬよう細心の注意を払い、輸入車の塗装に精通した熟練の塗装職人がシトロエン DS3本来の塗装肌を忠実に再現させます。

塗装が終わると塗装ブースを乾燥モードに切り替え、加熱乾燥でしっかり塗膜を硬化させます。

その後塗面をポリッシュして最終仕上げを行います。

 

13

何事も無かったかのように、どこをどう直したのかまったくわからないようにシトロエン DS3を修復する事が出来ました。

1

保険会社との修理協定金額は税込581,280円(部品199,500円、工賃381,780円)となりました。

このたびはインターパシフィックにシトロエン DS3の板金塗装、修理をご用命くださり誠にありがとうございました。

事故の痕跡を残さぬよう、丁寧な板金塗装作業を心がけました。

元通り綺麗になったシトロエン DS3をこれからも大切にしてください。

BMW 645Ci 修理塗装


BMW645Ciのサイドステップカバー修理塗装事例をご紹介します。

停まっているところに自転車がぶつかってきて、左のサイドステップカバーが傷付いてしまいました。

自転車に乗っていた人に100%過失がある事故です。

部品を取り替えるほどの傷ではないので、修理塗装で対応させて頂くことになりました。

先ずサイドステップカバーを取り外し、傷を完全に削り落とします。

今回付いた傷以外にも石ハネ傷などが全体的にありましたので、全面をダブルアクションサンダーで削り落とし、サフェーサーを塗装します。

加熱乾燥で充分に硬化させてから、耐水ペーパーで研いで仕上げます。

慎重に調色を行い、元通りの色を再現させます。

塗装ブースの中でゴミやホコリが付かないように注意を払いながら、塗装作業を行います。

加熱乾燥で塗膜を充分に硬化させてから、磨き作業を行います。

サイドステップカバーをボディーに取付け、完成です。

何事もなかったように元通り綺麗になりました。

プロテクションテープやリベット、クリップ等の部品代を含め、今回の修理費用は税込み61,446円となりました。

このたびはBMW645Ciの修理塗装をご用命くださり、ありがとうございました。

フェラーリ F355 板金塗装

フェラーリF355の右ロッカーパネルカバー交換修理事例をご紹介致します。
購入してからほとんど乗っていないのに、グラスファイバーでできているロッカーパネルカバーをぶつけてしまいました。完全に割れてしまっています。

ファイバー製品ですので、このように形が残っていれば修理してできないことはありませんが、かなりの修理時間を要します。できれば交換したいところですが、値の張る部品ですのでせめて中古部品でもあれば・・・・。
あれっ、もしかして部品庫にあったような微かな記憶。右だっけか左だっけか、とにかく探してみようということで当社の倉庫を探してみました。

ありました!しかも同じ右側!
擦り傷やチッピングが沢山付いているけど、こちらを修理して塗装したほうが絶対きれいに仕上がります。
オーナーさんも喜んでくださいました。
本当に偶然、同じ右側だけ持っていたのです。おそらく以前保険修理で取り替えたか何かの残物だと思います。

ロッカーパネルカバーを取り外すと、フェラーリF355のステップ部は写真のようになっているのですが、最初にキックプレートを外さなくてはロッカーパネルカバーは外れません。

そしてこのキックプレートが曲者です。
ボディーにしっかり接着されているので、取るのが大変なんです。
フェラーリは個体差が大きいので、接着剤の量が少なければ、丁寧に作業すればきれいに剥がせて再使用できるのですが、接着剤でびっちり取り付いていると剥がす際にキックプレートが変形し、まともには再使用できない場合があります。
したがって極力頑張ってみますが、接着が強すぎてキックプレートが変形してしまったら交換となることを予めオーナー様にはご承諾頂かなくてはなりません。
因みに、交換となった場合、部品代は9万円位かかります。
今回はなんとか上手く接着を剥がすことができました。

ロッカーパネルカバーの表面に付いた傷をサンダーを使ってきれいさっぱり削り落します。
パテを使わなくてはならない程の傷はありませんでした。

プライマーサフェーサーを塗装し、ロッカーパネルカバーをしっかりシールします。
加熱乾燥させた後、水研ぎして仕上げます。

塗装ブースのなかでゴミやホコリの付着に細心の注意をはらい、フェラーリの塗装の質感を再現させます。

次に部分的に艶消しの黒を塗装します。
この艶消しの黒も、色合いと艶の引かせ加減が難しいのです。ただの艶消し黒を塗装したらオリジナルとはまったく違った質感になり、いかにもそこを塗装しましたという安っぽい出来栄えになってしまいます。
フェラーリはF355だけでなく、360モデナでもF430でもバンパーやトランクルーム等随所に艶消しの黒が塗装されています。
オリジナルと同じ黒を再現できるかどうかがフェラーリを上手に仕上げるうえでの一つの肝と言っても過言ではありません。

完成です。フェラーリF355はすっかり元通りになりました。

今回の修理費用は税込み160,566円となりました。
このたびはインターパシフィックにフェラーリF355の修理をご用命頂き、ありがとうございました。

BMW 325iツーリング 板金塗装

BMW325i-20110725

BMW 325iツーリング 板金塗装 修理です。

節電の影響で夜間の照明が消えていたせいで、見通しが悪くうっかり車をこすったり、ぶつけたりという事故が最近多くなっているようです。
今回ご紹介するのも、街灯が消えていて暗くなっていたコインパーキングで駐車する際に黒っぽいポールがあるのに気付かず、左後を結構強くぶつけてしまったBMW 325iツーリングの修理事例です。
オーナー様自身お車の損傷状態から修理金額が結構かかりそうだということは当初からおわかりだったようで、車両保険でBMWをきれいに修理したいというご要望でご来店されました。

BMW325i-20110725

街灯が消えた暗いコインパーキングでは、たしかに黒っぽいポールには気づかないと思います。BMWの左後はかなり強くポールと接触したようで、リアクォーターパネルのへこみや変形も酷く、リアバンパーは樹脂でできているので形状はそれなりに戻ってはいますが内側にも少なからず損傷がありそうです。

BMW325i-20110725

修理は保険会社のアジャスターの立会が済んでから着手します。取り替える部品の手配をするためにリアバンパーとテールランプを取り外して損傷状況を見てみました。

BMW325i-20110725

バンパーが取りついている内側はトランクフロアと言いますが、この部分がかなりへこんでしまっています。

BMW325i-20110725

内側はトランクルームの一番底の左側になりますが、写真のように外側が押された分だけ変形して膨らんでしまっています。

BMW325i-20110725

リアクォーターパネルとトランクフロアは車の骨格に溶接されているので、この程度のダメージでは安易に取替えません。取り替えてしまうと車の買い替えの下取りの際、事故車とみなされたりして再販価値が下がってしまう恐れがあるためです。特にBMWのような輸入車の中古車査定はシビアです。
丁寧に板金で修理してパネルを元通りの形に復元させます。

BMW325i-20110725

BMW325i-20110725

板金でできるだけ面出しした後はパテを付け、充分に乾燥させてから研いで仕上げます。

BMW325i-20110725

板金のパテ研ぎの後はシール性に優れたサフェーサーを塗装します。その後表面を赤外線ヒーター等で加熱し充分にサフェーサーを乾燥させます。

BMW325i-20110725

塗面が充分に硬化したら耐水ペーパーで水研ぎ作業を行い、ほんのわずかなひずみも残さず、平滑な面に研ぎ上げます。

BMW325i-20110725

外板パネルと異なり内側のパネルはボディーカラーがしっかり塗りこまれているわけではなく、うっすら色がかかってる程度の仕上りになっています。トリムやカーペットで隠れてしまいますし、美観を要求される場所でもないからでしょう。
そのため裏側をしっかり塗り込んでしまうと、いかにもそこを修理しましたという出来栄えになってしまうので、オリジナルな状態同様、下塗り塗装の上にうっすら色がかかっているような仕上げにしなくてはなりません。
まず下塗り塗料に似せた色を作って吹き付け、その上に今回であればシルバーメタリックをサッと吹き付けます。最後はトリムで隠れてしまうのですが、見えなくなる部分でも丁寧な仕上げにこだわりたいと思っております。

BMW325i-20110725

リアバンパーは新品に取替えます。BMWのバンパーはプライマーが塗装された状態で部品供給されますので、耐水ペーパーで研ぎ作業を行い、脱脂してからボディー色を塗装します。

BMW325i-20110725

BMW325i-20110725

いくら入念に調色してもメタリックカラーの場合、リアクォーターパネル一面を塗装することでリアドアとの色の差異が生じることもあるので、リアドアはボカシ塗装を行いました。
ゴミやホコリをシャットアウトした塗装ブースの中でBMWの塗装肌を再現させます。

BMW325i-20110725

修理完了です。BMW 325iツーリングはまるで何事も無かったかのように、元通りに直りました。

BMW325i-20110725

今回のBMWの修理では、お客様が車両 保険に加入していたため自己負担なしでお車を修理することができましたが、自損事故の場合、車両保険をかけていない、または車対車+限定Aのエコノミー車 両保険では板金修理を全て自費でまかなわなければならず、損傷程度によってはとても大きな出費となってしまいます。輸入車の修理は高額になりがちですので車 両保険はしっかり掛けておいたほうがよろしいかと思います。

今回のBMW、保険会社との修理協定金額は税込み480,942円(工賃361,557円、部品119,385円)となりました。
インターパシフィックは鈑金匠ネットに加盟しており、お客様は鈑金匠ネットのユーザー還元サービスである楽天スーパーポイントを希望されました。修理代100円につき5ポイントの付与となりますので、今回は24045ポイントのプレゼントとなりました。楽天市場や楽天トラベルで24,045円分としてご利用いただけます。
このたびはインターパシフィックにBMW 325iツーリングの修理をご用命いただき、誠にありがとうございました。

トヨタ プリウス(PRIUS) リアバンパー修理事例

トヨタ プリウス(PRIUS) 板金塗装 修理です。

最近、「このダメージは修復歴にならないでしょうか」というご質問や「修復歴が残らないように車を修理して欲しい」というご依頼が多くなってきました。

事故によってフレーム等の骨格部位に損傷を負い、修理したことのある車は、車を下取りや買取で売却する際、そのことが判ると、「事故歴車」・「修復歴車」ということでその価値が著しく下がってしまうことがあります。
その車が新しければ新しいほど、また高額な車であればあるほど、再販価値に大きく影響してしまいます。

「修復歴が残らないように車を修理して欲しい」と依頼されても、愛車が事故によってダメージを受けた事実そのものを変えることはできません。
しかし、修理技術や気遣いによっては、【何事も無かったかのような修理】はできるのです。

トヨタプリウス-20100803

今回、修理のご依頼を頂いたトヨタ プリウスは、交差点で信号待ちをしていたところを後ろから追突されてしまいました。リアバンパーが押され、変形しています。

トヨタプリウス-20100803

リアバンパーを取り外してみるとバックパネルが押されてへこんでいました。バックパネルの修理や交換作業も修復歴の対象となってしまいます。

トヨタプリウス-20100803

バンパーが取りつくバックパネルの表側部分を板金します。
損傷部にワッシャーを溶接し、引き出し板金作業を行います。

トヨタプリウス-20100803

出来る限り元通りの面が出るように丁寧に板金を行います。

トヨタプリウス-20100803

パテを付け、充分乾燥させてから、研いで仕上げます。

トヨタプリウス-20100803

リアバンパーで隠れてしまうバックパネルの表側は、板金塗装でまったく判らなく修理出来ます。
しかし問題はバックパネルの内側、ホイールハウスです。車を査定する際、ホイールハウスは査定員によってじっくり見られます。彼らは不自然な溶接痕が無いか、シーラーや塗装がオリジナルと違わないか、等をチェックします。

トヨタプリウス-20100803

塗装や鉄板を傷付けないように、使う工具を工夫して、慎重に叩きだして修理しました。写真を拡大してご覧下さい。ボコッと飛び出していた部分がすっかり元通りです。
塗装も何もしないで直しましたので、車の査定員が見ても判らないはずです。

トヨタプリウス-20100803

板金した外側はサフェーサーを塗装します。

トヨタプリウス-20100803

下色を塗装します。

トヨタプリウス-20100803

仕上げの塗装を行います。
リアバンパーとアンダースポイラーは塗装済みで部品供給されますので、それを取り付ければ完了です。

トヨタプリウス-20100803

保険会社とのプリウスの修理協定額は税込227,199円(工賃113,495円、部品113,704円)となりました。
プリウスのオーナー様に車の仕上りをご覧頂き、修理方法をご説明したところ、大変満足して頂けました。

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。今回のプリウスのように対物保険で修理した場合でもプレゼントの対象となります。今回は11,000円分のENEOSプリカをプレゼントとなります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。
このたびはインターパシフィックにトヨタ プリウスの板金 塗装 修理をご用命くださり誠にありがとうございました。

トヨタ アルファード (TOYOTA) 板金塗装

トヨタアルファード-20100420

トヨタ アルファードの板金塗装 修理事例をご紹介します。

 

狭い道で対向車をよけた際、低いガードレールがあるのに気付かず、左の側面を前から後まで擦ってしまいました。

今回オーナー様は、車両保険を使ってキッチリ、完璧に修理して欲しいとのご要望で、アルファードをお預かりさせていただきました。

トヨタアルファード-20100420

修理内容:

アルファードはフロントバンパーからリアバンパーまで、全ての樹脂パーツ、外板パネルの損傷が酷く、全て新品部品に取り換える必要があります。
バンパーやサイドプロテクター等の樹脂パーツは色付きで部品が供給されます。当社で塗装する必要はなく、部品の取り換え作業となります。

トヨタアルファード-20100420

フロントフェンダー、ドア、スライドドアは仮合わせをして建付けの調整を済ませた後、研ぎ作業を行い、プライマーサフェーサーを塗装します。

トヨタアルファード-20100420

トヨタアルファード-20100420

次にパネルの裏側を塗装します。

トヨタアルファード-2010042

リヤクォーターパネルは車体に溶接されているため、エアドリルやエアーソーなどを用いて車体から切り離します。インナーパネルにもダメージがあったので、そこは板金で修理し、新品のリヤクォーターパネルをスポット溶接機やミグ溶接機を用いて溶接します。

トヨタアルファード-20100420

サフェーサーを塗装した後、シーリング等の防錆処理を施します。

トヨタアルファード-20100420

トヨタアルファード-20100420

塗装に悪影響を及ぼすゴミやホコリを遮断した塗装ブースの中で、慎重かつ丁寧にアルファードの塗装肌を再現させます。
塗装ブースを乾燥モードに切り替え、充分に加熱乾燥を行い塗膜を硬化させます。

トヨタアルファード-20100420

トヨタアルファード-20100420

このアルファードは新車で購入時、当社でガラスコーティングを施工させて頂いており、今回車両保険で修理箇所の再施工が認められました。
コーティング施工後、塗装ブースで加熱乾燥させ、被膜を硬化させます。

トヨタアルファード-20100420

痛々しく傷付いていたアルファードはすっかり元通りになりました。
保険会社との修理協定金額は工賃が464,824円、部品代が490,550円で合計955,374円(税込)となりました。
インターパシフィックは鈑金匠ネットに加盟しており、お客様は鈑金匠ネットのユーザー還元サービスである楽天スーパーポイントを希望されました。修理代100円につき5ポイントの付与となりますので、今回は47,760ポイントのプレゼントとなりました。楽天市場や楽天トラベルで47,760円分としてご利用いただけます。
このたびはインターパシフィックにトヨタ アルファードの板金塗装 修理をご用命くださり、誠にありがとうございました。