第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

アストンマーティン DB9(ASTONMARTIN) バンパー修理事例

アストンマーティンDB9-20091128

アストンマーティン(ASTONMARTIN) DB9の板金塗装 修理です。

お客様は右フロントフェンダーとフロントバンパーを誤って、電信柱に擦って傷つけてしまいました。
御自分で簡易的に塗装を試みたそうですが綺麗に直らなかったので、輸入車の板金 修理が得意な工場に作業を依頼しようと、インターネットで検索し、当社のホームページを目に留めて下さいました。
この程度の傷で車両保険を使うのはもったいないので、何とか安く、簡単に修理できないものかとご相談を受けました。

アストンマーティンDB9-20091128

お客様に御来店頂きお車を拝見すると、アルミ製のフロントフェンダーに一部クラック(上右写真白枠内)が入っており、それが気にかかりましたが部分的な補修塗装を試みることになりました。

アストンマーティンDB9-20091128

ダブルアクションサンダーで損傷部分を削り落します。
幸い、フェンダーのクラックは塗膜だけで、フェンダーのアルミ素地にまでは達していませんでした。

アストンマーティンDB9-20091128

サフェーサーを塗装し、充分に加熱乾燥を行います。完全に硬化させてから水研ぎで表面を平滑に仕上げます。

アストンマーティンDB9-20091128

脱脂、マスキングを済ませ、塗装乾燥ブースの中でゴミやホコリが付着しないように慎重に塗装作業を行います。
左の写真を拡大してご覧頂くと良く分かると思いますが、今回はヘッドライトの縁やバンパーの形状を利用して、最小限の部分塗装で修理することができました。

アストンマーティンDB9-20091128

アストンマーチンは部品脱着の作業性が悪く、例えばバンパーの取り外しと取り付けにもそれぞれ1日掛るほどです。従ってバンパーを脱着分解し、ヘッドライトも脱着するとなると作業工賃が跳ね上がってしまいます。
今回はフロントグリルを脱着しただけで部分補修できたので、その点は不幸中の幸いでした。
修理費用は税込115,500円となりました。どんなに目を凝らして見ても修理痕は判らないはずです。何事も無かったかのように元通りになったアストンマーチン、大切にお乗りください。このたびはインターパシフィックにアストンマーティンの板金塗装 修理をご用命下さり、誠にありがとうございました。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ