BMW 335i 大ダメージ修理 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

2010/10/16

BMW 335i 大ダメージ修理

BMW335i-20101016

左側面とリアサスペンションに大きなダメージを受けたBMW 335iの板金塗装 修理です。今回はフレーム修正機を使った高精度な事故車復元について詳しくご説明させて頂きます。

■損傷状況・原因

オーナー様は青信号で交差点を横断中、信号無視の車に左後側面をぶつけられてしまいました。100%被害事故です。
まだまだ大切に乗り続けたい車なので時間はかかってもいいから、とにかく完璧に直して欲しいとのご要望でBMWをお預かりさせていただきました。
ドアもさることながらリアフェンダーは特に酷い損傷を受けており、左後のタイヤ&ホイールも直撃されており、サスペンションもダメージを受けています。

■フレーム修正

BMW335i-20101016

計測単位がなんと0.1mmという高精度の3次元フレーム計測機セレット ナジャ(CELETTE NAJA)で診断した結果、リアサスペンションの取り付け部にダメージを受けていることが判明しましたので、フレーム修正機を使った高精度な板金修正作業が必要と判断しました。

BMW335i-20101016

外装部品やリアサスペンションを取り外し、フレーム修正機にセットします。
インターパシフィックではフランス セレット(CELETTE)社のジグ・ベンチ式フレーム修正機を導入しております。通称セレットベンチと呼ばれ、メルセデスベンツ・ポルシェ・BMW・アウディ・フォルクスワーゲン等、ヨーロッパの主要メーカーから指定・推奨を受けている世界標準とも言えるフレーム修正機です。

■セレットベンチ

BMW335i-20101016

セレットベンチは修正誤差1mm以下の高精度なフレーム修正作業が可能です。
写真がジグと呼ばれるものです。赤丸で囲った部品が「基本タワー」です。色々な種類の高さがありますが、この部分は全車種共通部品です。
黄色で囲った部品が「MZジグ」と呼ばれ、その車専用のジグです。従ってこのジグはBMW E90専用のジグということになります。

BMW335i-20101016

これがBMW E90のデータシートです。このデータシートに従ってセレットベンチの上に必要に応じて基本タワーとMZジグをセットします。

BMW335i-20101016

基本タワーとセレットベンチ、MZジグと車体はそれぞれボルトで固定されますが、基本タワーとMZジグはピンで固定されます。

BMW335i-20101016

フレームにダメージがなければ基本タワーの穴とMZジグの穴はピッタリ合わさり、ピンがスムーズに刺さります。

BMW335i-20101016

フレームに曲がりや歪みがあればピンは刺さりません。そのため、わずかなフレームの歪みであってもどのくらい穴がずれているかを目視で確認することができるので、正確なフレーム修正ができるというわけです。
この穴にわずか数本の髪の毛がはさまっていてもピンはスムーズに刺さりません。だから1mm以下の高精度でフレームを修復できるのです。

BMW335i-20101016

”合うか”、”合わないか”、この単純にして合理的なところが、セレットベンチの凄さなのです。基本タワーとMZジグの穴がピタリと合って、ピンがスムーズに刺さればダメージは無いということで、合わなければその部位のフレームを修正し、合うようにすれば良いのです。
セレットベンチを使ったフレーム修正に失敗はありません。車の精密なフレーム修正には最も信頼度の高い修正機と言えるでしょう。

■具体的修理工程

BMW335i-20101016

セレットベンチに載せたBMWのフレームを修正するために、ベンチにプリングユニットを取り付けて作業します。
ダメージを受けた箇所を10トンのパワーで色々な角度に引っ張ることができます。

BMW335i-20101016

必要に応じて複数の部位を引っ張ります。

BMW335i-20101016

リアフェンダーを切開し、内側のインナーパネルも引っ張り出します。パネルに受けた強いダメージがフレームに影響する場合もあるのです。

BMW335i-20101016

フレーム修正が完了すると再度セレット ナジャ(CELETTE NAJA)でボディー計測を行います。左の画像が修正前、下が修正後のレポートです。
インターパシフィックではお客様に安心してお車をお乗りいただくため、完全修復の証として、フレームのダメージを数値化しレポートとして提出させていただいております。

BMW335i-20101016

(修正後レポート)

BMW335i-20101016

フレームの修正が終わると、パネルの交換作業を行います。リアフェンダーはボディーに溶接されているパネルですので、ドリルやエアーソーを使ってボディーから切り離します。

BMW335i-20101016

インナーパネルを板金し、ホイールハウスはつぶれていたので交換します。仮合わせしてからバイスで固定します。

BMW335i-20101016

ミグ溶接機を使ってホイールハウスをボディーに溶接します。

BMW335i-20101016

防錆処理、塗装を施し、インナー側が仕上りました。

BMW335i-20101016

リアフェンダーパネルを取り付けます。

BMW335i-20101016

スポット溶接機を使い元通りの強度になるよう、丁寧に溶接を行います。

BMW335i-20101016

リアフェンダー取付完了です。

BMW335i-20101016

新品のドアを仮付けし、建付けやパネル間の隙間などを入念にチェックします。

BMW335i-20101016< ドア、リアフェンダーにプライマーサフェーサーを塗装します。加熱乾燥により完全硬化させます。

BMW335i-20101016

BMW335i-20101016

オリジナルに忠実に防錆シーラーを塗布します。

BMW335i-20101016

BMW335i-20101016

ホイールハウスにはチッピングコートを塗布します。

BMW335i-20101016

パネルの裏側を塗装します。

BMW335i-20101016

外板パネルを塗装する前に内部塗装を済ませます。

BMW335i-20101016

BMW335i-20101016

熟練の塗装職人によって、BMW独特の塗装肌に仕上げていきます。塗装作業はゴミやホコリをシャットアウトした塗装ブースの中で行います。

BMW335i-20101016

■修理結果

BMW335i-20101016

あんなに酷い事故に遭ったのに、BMW 335iはご覧の通り何事も無かったかのように完璧に仕上がりました。
サスペンションやタイヤ&ホイールも新品に交換し、四輪アライメントの数値もバッチリです。

BMW335i-20101016

加害者側の保険会社との修理協定金額は税込み2,519,843円(工賃1,197,252円、部品代1,322,591円)となりました。すっかり元通り、綺麗に直ったBMW 335iと久しぶりに対面したオーナー様には大変ご満足して頂けました。

eneos5000

お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットENEOSプリカ還元サービスを希望されました。鈑金匠ネットでは税込修理代金10,000円につき500円分のENEOSプリカを加盟工場で修理されたお客様にプレゼントしております。今回のBMW 335iのように対物保険で修理した場合でもプレゼントの対象となります。今回は125,500円分のENEOSプリカをプレゼントとなります。全国のENEOS(新日本石油)のサービスステーションはもちろんのこと、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでもご利用いただけます。
このたびはインターパシフィックにBMW 335iの板金 塗装 修理をご用命くださり誠にありがとうございました。

お客様からのコメント

  1. 千村社長、田村様

    この度は大掛かりな修理だけでなく、各工程での細かい解説や保険にかかるアドバイスなど親身になってご対応いただき本当にありがとうございました。並行輸入車なので一部パーツが入手しにくく多少時間を要しましたが、丁寧且つ慎重に修理作業していただいたので、事故前と全く同じ状態に戻り、見事に復活を遂げることができました。これからは事故に気をつけながらカーライフを楽しみたいと思います。

    • このたびは弊社にBMWの修理をご用命下さり、誠にありがとうございました。
      また、修理事例掲載もご快諾頂き重ねて御礼申し上げます。
      部品の調達などで思った以上に時間がかかり、大変お待たせしてしまいましたが、ご修理には最善を尽くさせていただいたつもりです。
      お車は完璧に修復しました。どうぞ安心してカーライフをエンジョイしてください。
      株式会社インターパシフィック・千村

関連記事

BMW X5 リアドア 鈑金塗装 事例

2018/10/10
横浜市にお住いのお客様より、BMWX5の鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。道路を左折する際に歩道との境に設置してあったポールを巻き込み、BMWX5の左リアドア・・・
続きを読む

BMW 120iカブリオレ 板金塗装

2017/2/26
東京都世田谷区にお住いのお客様よりBMW120iカブリオレの鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。ハンドル操作を誤りコンクリート製の壁面にBMW120iカブリオレ・・・
続きを読む

BMW320i 保険修理事例

2015/10/23
横浜市鶴見区にお住いのお客様より、BMW320iの保険修理を依頼されましたのでご紹介します。交差点での左折時に対向車に気を取られてしまい、標識のポールを巻き込んで・・・
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図