第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

BMW 325iツーリング 板金塗装

BMW325i-20110725

BMW 325iツーリング 板金塗装 修理です。

節電の影響で夜間の照明が消えていたせいで、見通しが悪くうっかり車をこすったり、ぶつけたりという事故が最近多くなっているようです。
今回ご紹介するのも、街灯が消えていて暗くなっていたコインパーキングで駐車する際に黒っぽいポールがあるのに気付かず、左後を結構強くぶつけてしまったBMW 325iツーリングの修理事例です。
オーナー様自身お車の損傷状態から修理金額が結構かかりそうだということは当初からおわかりだったようで、車両保険でBMWをきれいに修理したいというご要望でご来店されました。

BMW325i-20110725

街灯が消えた暗いコインパーキングでは、たしかに黒っぽいポールには気づかないと思います。BMWの左後はかなり強くポールと接触したようで、リアクォーターパネルのへこみや変形も酷く、リアバンパーは樹脂でできているので形状はそれなりに戻ってはいますが内側にも少なからず損傷がありそうです。

BMW325i-20110725

修理は保険会社のアジャスターの立会が済んでから着手します。取り替える部品の手配をするためにリアバンパーとテールランプを取り外して損傷状況を見てみました。

BMW325i-20110725

バンパーが取りついている内側はトランクフロアと言いますが、この部分がかなりへこんでしまっています。

BMW325i-20110725

内側はトランクルームの一番底の左側になりますが、写真のように外側が押された分だけ変形して膨らんでしまっています。

BMW325i-20110725

リアクォーターパネルとトランクフロアは車の骨格に溶接されているので、この程度のダメージでは安易に取替えません。取り替えてしまうと車の買い替えの下取りの際、事故車とみなされたりして再販価値が下がってしまう恐れがあるためです。特にBMWのような輸入車の中古車査定はシビアです。
丁寧に板金で修理してパネルを元通りの形に復元させます。

BMW325i-20110725

BMW325i-20110725

板金でできるだけ面出しした後はパテを付け、充分に乾燥させてから研いで仕上げます。

BMW325i-20110725

板金のパテ研ぎの後はシール性に優れたサフェーサーを塗装します。その後表面を赤外線ヒーター等で加熱し充分にサフェーサーを乾燥させます。

BMW325i-20110725

塗面が充分に硬化したら耐水ペーパーで水研ぎ作業を行い、ほんのわずかなひずみも残さず、平滑な面に研ぎ上げます。

BMW325i-20110725

外板パネルと異なり内側のパネルはボディーカラーがしっかり塗りこまれているわけではなく、うっすら色がかかってる程度の仕上りになっています。トリムやカーペットで隠れてしまいますし、美観を要求される場所でもないからでしょう。
そのため裏側をしっかり塗り込んでしまうと、いかにもそこを修理しましたという出来栄えになってしまうので、オリジナルな状態同様、下塗り塗装の上にうっすら色がかかっているような仕上げにしなくてはなりません。
まず下塗り塗料に似せた色を作って吹き付け、その上に今回であればシルバーメタリックをサッと吹き付けます。最後はトリムで隠れてしまうのですが、見えなくなる部分でも丁寧な仕上げにこだわりたいと思っております。

BMW325i-20110725

リアバンパーは新品に取替えます。BMWのバンパーはプライマーが塗装された状態で部品供給されますので、耐水ペーパーで研ぎ作業を行い、脱脂してからボディー色を塗装します。

BMW325i-20110725

BMW325i-20110725

いくら入念に調色してもメタリックカラーの場合、リアクォーターパネル一面を塗装することでリアドアとの色の差異が生じることもあるので、リアドアはボカシ塗装を行いました。
ゴミやホコリをシャットアウトした塗装ブースの中でBMWの塗装肌を再現させます。

BMW325i-20110725

修理完了です。BMW 325iツーリングはまるで何事も無かったかのように、元通りに直りました。

BMW325i-20110725

今回のBMWの修理では、お客様が車両 保険に加入していたため自己負担なしでお車を修理することができましたが、自損事故の場合、車両保険をかけていない、または車対車+限定Aのエコノミー車 両保険では板金修理を全て自費でまかなわなければならず、損傷程度によってはとても大きな出費となってしまいます。輸入車の修理は高額になりがちですので車 両保険はしっかり掛けておいたほうがよろしいかと思います。

今回のBMW、保険会社との修理協定金額は税込み480,942円(工賃361,557円、部品119,385円)となりました。
インターパシフィックは鈑金匠ネットに加盟しており、お客様は鈑金匠ネットのユーザー還元サービスである楽天スーパーポイントを希望されました。修理代100円につき5ポイントの付与となりますので、今回は24045ポイントのプレゼントとなりました。楽天市場や楽天トラベルで24,045円分としてご利用いただけます。
このたびはインターパシフィックにBMW 325iツーリングの修理をご用命いただき、誠にありがとうございました。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ