第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

プジョー 308 リアフェンダー板金塗装 修理事例

2

川崎市宮前区にお住まいのお客様よりプジョー308の板金塗装を依頼されましたので、ご紹介致します。

普段から通り慣れた道だったのですが、その日は雨で視界が悪く、右折の際にブロック塀を巻き込んでプジョー308の右リアドアとリアフェンダーを擦ってしまいました。

自費での修理となりますが、キチンと直して欲しいとのご要望でお車をお預かりしました。

3

ドアハンドルにも傷が付いています。

4

ドアハンドルやモールなどの付属品を取り外し、板金作業を行います。

今回の場合ではスタッド溶接機を用いて、引出し板金を行いますが、できる限り元通りのパネルの状態にまで復元させます。

その後の工程でパテを付けますが、パテはなるべく薄く抑えたいのです。

5

パテはヨーロッパ製の物を使用しています。

パテにも色々種類がありまして、研ぎ易くて作業性に優れたパテが多く出回っておりますが、

研ぎ易い=柔らかい=パテ痩せが起き易い、なので研ぎ難くて硬い、パテ痩せが起き難いパテを厳選して使用しています。

6

パテ研ぎが終わるとプライマーサフェーサーを塗装して板金した部位をシールします。

塗膜にヒーターでしっかり熱をかけ、硬化させます。

7

今回のプジョー308はちょうどリアドアとリアフェンダーの境目辺りに損傷を負っていたので、ドアを開けたロックピラーと呼ばれる部分にも少しダメージがありました。

外板パネルを塗装する前にインナーパネルの塗装を済ませておきます。

8

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースの中で、輸入車の塗装に精通した熟練の職人がプジョーのオリジナルな塗装肌を忠実に再現させます。

9

ドアハンドルも塗装します。

10

完成です。

何事も無かったかのように、プジョー308はすっかり元通りになりました。

11

修理費用は199,605円(税込)となりました。

このたびはインターパシフィックにプジョー308の板金塗装をご依頼くださり、誠にありがとうございました。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ