第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

プジョー 508SW 板金塗装 保険修理事例

20140525508sw-2横浜市にお住いのお客様よりプジョー 508SWの板金塗装を依頼されましたので、ご紹介致します。ショッピングセンターに買い物に出かけた際、駐車場の柱にプジョー508SWの左リアドアとリアフェンダーをこすって、へこませてしまいました。

20140525508sw-3パネルのダメージも酷く、修理費用も高くなりそうなので、車両保険を使ってきれいに直したいとのご要望でお車をお預かりしました。

保険会社のアジャスターとの打ち合わせで、ドアパネルは新品部品に取替え、リアフェンダーは鈑金で対応させていただくことになりました。

20140525508sw-4新品のリアドアパネルを車に取り付け、立て付けを確認しながらリアフェンダーを板金します。アーチラインの復元含め、慎重に鉄板を元通りの面に戻します。

塗装のマスキングの妨げとなるリアバンパー、テールランプ、さらにはサイドウインドウガラスを取り外します。

また、今回のプジョー 508SWのボディーカラーは3コートのホワイトパールで、色の再現が困難な色です。そのため新品に取り換えるリアドアと隣接するフロントドアとの色の差異を解消するためにフロントドアにぼかし塗装を施す必要があります。フロントドアも塗装に備えモールやドアハンドル、ドアミラーなどの外装部品をとりはずしました。ぼかし塗装については後述します。

20140525508sw-5リアフェンダーの板金による面出しが終わると、パテを付け、充分に硬化させてから研ぎ作業を行います。わずかに残る鉄板の凹凸やひずみを取り除き、平滑に仕上げるためです。

パテはパテ痩せしにくいものを厳選して使用しています。

20140525508sw-6パテをシールして上塗り塗装を綺麗に仕上げるためにプライマーサフェーサーを塗装します。

赤外線ヒーターでしっかり加熱乾燥を行い、充分に硬化させます。

サフェーサーは硬化させてから、きれいに研いで仕上げます。

20140525508sw-8リアドアはパネルの裏側を塗装し、再度車に取り付けます。

20140525508sw-9車を塗装ブースに移動し、マスキングと脱脂を行ってから上塗り作業を行います。

塗装作業はごみやほこりをシャットアウトした塗装ブース内で行います。

そして輸入車の塗装に熟練した職人がプジョー 508SWの本来の塗装肌を忠実に再現させます。

20140525508sw-10先述した「ぼかし塗装」についてご説明します。

今回のプジョー508Swの塗装色は3コートのホワイトパールです。最初に白を塗装し、次にパールを塗装し、最後にクリア塗装を行います。

新品パーツに取り換えたリアドア、リアフェンダーの板金した部分は白とパールをしっかり塗り込みます。車を養生している紙にも色が付着しているのでお分かり頂けると思います。

フロントドアはパネル一面に色を塗ってしまうとフロントフェンダーとの色の差異が生じてしまいますので、フロントドアの後ろから前にかけて、グラデーションをかけて塗装するのです。赤枠内のフロントフェンダーとの境界部分では色はかかっていません。そしてトップコートのクリア塗料は3パネル全面にしっかり塗装します。こうすることで、リアドアともフロントフェンダーとも色の差異が出ないで仕上げることができます。

20140525508sw-12磨き作業、外装部品の組み付け作業が終わると完成です。何事も無かったかのように綺麗に仕上げることができました。

20140525508sw-1保険会社との修理協定金額は税込684,720円(工賃480,168円、部品204,552円)となりました。

このたびは横浜市よりご来店くださり、プジョー 508SWの板金塗装 修理をご依頼頂き、誠にありがとうございました。

元通りになったプジョー 508SW、大切にお乗りください。

 

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ