第三京浜川崎インターから車で5分
HOME 板金塗装 こだわりの修理事例 工場設備 コーティング 車検 会社案内 アクセス お問い合わせ
完璧主義 最先端設備と「匠の技」で誠心誠意お直し致します

フォルクスワーゲン ゴルフGTI バンパー修理事例

2

東京都府中市にお住まいのお客様よりフォルクスワーゲン ゴルフGTIのフロントバンパー修理を依頼されましたので、ご紹介します。

Uターンしようとした際に、低いブロックがあるのに気付かずフロントバンパーの左角を擦って傷付けてしまいました。

お客様自身で傷の部分にタッチアップペイントを塗ったのですが、それではやはり見栄えが悪いということで、バンパーの修理塗装のお問合わせを頂きました。

この程度であればバンパーは脱着せずに修理して、部分的な塗装で対処できますとご説明し、お車をお預かりしました。

3

傷の範囲はそこそこ広いのですが、バンパーに変形も無く、ひび割れ等もなかったので、ダブルアクションサンダーという工具を使ってバンパーの傷を削り落します。

 

 

 

 

4

バンパーの表面をきれいに脱脂してから養生してプライマーサフェーサーを塗装します。

加熱乾燥でサフェーサーを充分に硬化させます。

 

5

サフェーサーが硬化したら、手作業で水研ぎして表面を平滑に仕上げます。

6

塗装ブースにゴルフを入れ、マスキングと脱脂を行います。

フォルクスワーゲン ゴルフGTIはフロントグリルが大きく、バンパーが左右に分割されたような形状をしているので、部分塗装がし易い車です。

7

赤枠で囲った部分は繋がっているので、クリア塗料を薄めて塗装をぼかす必要がありますが、その他の部分はテープに細工をしてエッジ部をマスキングしますので、塗装のぼかしが小さい範囲で済みます。

ゴミ・ホコリを遮断した塗装ブースの中でフォルクスワーゲン ゴルフの塗装肌を忠実に再現させます。

 

 

 

8

ご覧の通り何事も無かったかのように、フォルクスワーゲン ゴルフGTIのフロントバンパーはきれいに直りました。

9

修理費用は税込み31,500円となりました。

どんな車でもバンパーはよほど酷い変形や割れがなければ部分的な修理塗装で対応可能です。

ディーラーさんに持っていったら、交換ですねとか、一本塗装ですねと言われるバンパーの傷、実は部分的な修理塗装が可能な場合がすごく多いんです。

このたびは東京都府中市よりわざわざご来店くださり、誠にありがとうございました。

元通りにきれいになったフォルクスワーゲン ゴルフGTI、これからも大切にお乗りください。

お客様の声 焼付けコーティング 鈑金塗装プロの本音
 
新技術!スプレー式プロテクションフィルム
 
自費修理でも保険修理でも板金塗装でプレゼント

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ