ランボルギーニ ウルス コーティング施工事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

ランボルギーニ ウルス コーティング施工事例

ランボルギーニ ウルスのコーティングの施工事例をご紹介します。
お客様は新車でランボルギーニ ウルスを購入されたそうで、以前に乗られていたお車にも当社でボディガラスコーティングを施工させていただいており、その時のコーティングの効き具合を気に入っていただいており、今回も新車の内に汚れる前に施工して欲しいとの事でお車をお預かりしました。

ボディを洗車し埃や汚れを洗い流した後、数種類のバフとコンパウンドを使いボディをピカピカに磨き上げます。
新車なのだからこの様な磨き作業は必要ないと思われる方もいらっしゃいますが、新車が工場から出荷され販売店に届きお客様に納車されるまでには時間が掛かります。
その間、輸送時にはボディ全体に傷防止の為に保護フィルムが貼られていることが多く、その保護フィルムの糊成分がボディに残ったままで納車されたり、保管期間中に多少のシミが付いてしまっているケースもある為、新車とは言えこの磨き・下地処理の作業は必要になり、ボディガラスコーティングにおいてはこの下地処理の良し悪しが最終的な仕上がりに反映してしまう事になりますので、当社ではこの下地処理作業を重視し時間を掛け丁寧に作業しております。

磨き作業が済むとコーティング液の塗り込み作業を行います。
今回は排水型のガラスコーティングを希望されましたので、水切れ性に優れたガラス系コーティングを施工させていただきました。
適度な撥水が持続し、雨の水滴がスムーズに流れ落ち易いのが特長のコーティング剤です。

ボディ全体にコーティング液をムラなく塗り込み、しばらく時間をおいて被膜を定着させます。

コーティング液の余剰分をクロスで丁寧に拭きあげます。

ランボルギーニ ウルスを塗装・乾燥ブースに入れて室温を60℃に加温し、1時間程ボディを加熱乾燥させます。
コーティング被膜をしっかり安定させ、十分な排水性を発揮させるためには乾燥時間が必要になります。
当社では自然乾燥ではなく加熱乾燥させますのでコーティング被膜は完全に硬化し、耐久性に優れたより上質なコーティング被膜を実現させることが可能になるのです。
今回のランボルギーニ ウルスにはボディガラスコーティングの他に、アルミホイールとウインドガラスにもコーティングを施工させていただきました。
このたびはインターパシフィックに、ランボルギーニ ウルスのボディガラスコーティング施工をご依頼いただき誠にありがとうございました。
艶艶に仕上がったランボルギーニ ウルスで素敵なカーライフをお楽しみください。

関連記事

ランボルギーニ ウルス 修理 塗装 事例

東京都港区にお住いのお客様より、ランボルギーニ ウルスのリアスポイラー修理塗装を依頼されましたのでご紹介いたします。 お買い物から戻り荷物をラゲッジルームに積み込もうと奥様…
続きを読む

ランボルギーニ ウラカン 鈑金塗装 修理事例

東京都にお住いのお客様よりランボルギーニ ウラカンのサイドスカートの塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。 自宅近くの道を走行中、左側に路上駐車していた車両がウインカー…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図