ランボルギーニ ウルス 修理 塗装 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例
夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら8月13日(水)~8月16日(日)の間、夏季休業とさせていただきます。

板金塗装・修理事例

ランボルギーニ ウルス 修理 塗装 事例


東京都港区にお住いのお客様より、ランボルギーニ ウルスのリアスポイラー修理塗装を依頼されましたのでご紹介いたします。
お買い物から戻り荷物をラゲッジルームに積み込もうと奥様が電動リアゲートを開けたところ、天井が低い駐車場だった為天井の突起物と接触してしまい、ランボルギーニ ウルスのリアゲートスポイラーに傷が付いてしまったそうです。
車を購入以来大切に乗ってきた為、綺麗に直したとの事でご来店されました。
幸い傷は小さくリアスポイラーに変形も無かったので、修理塗装で十分綺麗に直せる旨をお伝えしたところ、お客様は自費での修理を希望されお車をお預かりしました。

まずは傷をサンダーで平滑に削り落します。
ごく小さな傷の場合、その傷の部分だけを局所的に削ってしまうとくぼみが出来てしまいます。
そうならない為には傷周辺を少し広めになだらかに削る必要があります。

傷を削った部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させ、元の塗膜も含め塗装面を目の細かいサンドペーパーで平滑に研ぎ上げ、塗装前の準備作業は完了です。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がランボルギーニ ウルスの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
今回の修理で一番ベストな作業方法と言えば、リアスポイラーを車体から取り外してから塗装する方法となりますが、この様な形状のスポイラーの多くは強力な両面テープやシーリング剤などによって固定されており、取り外す際にスポイラー本体が変形したり破損してしてしまうリスクが伴います。
そうなると部品交換を余儀なくされ、その分修理費用も高くなってしまいます。
今回のランボルギーニ ウルスの場合、リアスポイラーとリアゲートの間に上手くマスキングを施す事が出来るような若干の隙間があった事と、自費での修理と言う事もありスポイラー自体を取り外す事なくマスキング処理による塗装方法で作業いたしました。

塗装作業完了後、塗装面をポリッシャーとコンパウンドを使い丁寧に磨き上げ、洗車・最終仕上げ磨きをしてランボルギーニ ウルスのリアスポイラー修理塗装は完了です。

今回のランボルギーニ ウルスの修理費用は、作業工賃が44,000円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックに、ランボルギーニ ウルスの修理塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったランボルギーニ ウルスを大切にお乗りください。

関連記事

ランボルギーニ ウルス コーティング施工事例

ランボルギーニ ウルスのコーティングの施工事例をご紹介します。 お客様は新車でランボルギーニ ウルスを購入されたそうで、以前に乗られていたお車にも当社でボディガラスコーティン…
続きを読む

ランボルギーニ ウラカン 鈑金塗装 修理事例

東京都にお住いのお客様よりランボルギーニ ウラカンのサイドスカートの塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。 自宅近くの道を走行中、左側に路上駐車していた車両がウインカー…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図