ジャガー Fペイス 板金塗装 修理 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

ジャガー Fペイス 板金塗装 修理 事例


東京都港区にお住いのお客様より、ジャガー Fペイスの車両保険を使った板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はお出掛け先の駐車場から出る際に、左側の壁に設置してあった消火設備のガードパイプに気付かず、ジャガー Fペイスの左リアドアを巻き込んでしまったそうです。
大切に乗ってきた車なので綺麗に直したいとの事で、ご加入されている車両保険を使って直す事になりお車をお預かりしました。

今回のジャガー Fペイスの作業方針は、左リアドアの取替塗装とリアドアに隣接するパネルへの色合わせの為のボカシ塗装と言う内容になります。
それ程大きな損傷ではない様に見えるドアパネルを何故交換するかと言うと、ドアパネルは車両の外から見えている外板パネルとドアトリムが付く内側の内板パネルが組み合わさって出来ていて、その外板と内板のぞれぞれのパネルの繋ぎ目部分が損傷しており、綺麗に直すとなると板金修理だけでは限界がある為パネル交換での作業を選択しました。
入手した新品のリアドアパネルを車体に仮付けし、隣接するパネルとの隙間や面の出入り具合を確認・調整します。

ドアパネル裏側の外板と内板の繋ぎ目部分は、メーカーや車種によってはシーリング処理されて部品供給される場合もありますが、今回のジャガー Fペイスの場合シーリングされていない状態でした。

熟練の板金職人が元のドアパネルのシーリングの状態を確認しながら、オリジナルと同様に丁寧にシーリングを施します。


電着塗装されている新品パネルを研いで足付け作業(塗料の密着性を高める為に表面を研ぐ作業)を行い、その後専用の塗装台にセットします。


ドアパネルの表・裏両面共にプライマーサフェーサーを塗装します。
ドア内側のサービスホールからドアパネル内部も塗装します。
この色はボディ色とは異なり、グレーっぽい内部色を別に調色して塗装しオリジナルの雰囲気を再現します。

新品のリアドアパネルの裏側をボディ色で塗装します。
サービスホールの内部には少しだけボディ色を吹き付けるだけに留め、ここでもオリジナル感を再現します。

リアドアパネルの交換に伴い隣接するパネルへの色合わせの為のボカシ塗装の為、足付け作業を終えたジャガー Fペイスを塗装ブースに移動し、様々な技術を駆使してマスキングを施し塗装準備完了です。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がジャガー Fペイスの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
色合わせの為のボカシ塗装とは、交換パネルあるいは板金修理箇所に近いパネルへ色の差異が発生しない様に塗装する事を言います。
今回のジャガー Fペイスの場合リアドアパネルが交換なので、リアドアに隣接するフロントドアの後部とクォーターパネルの前方部分にだけ調色したボディ色のクロ色を塗装し、パネルの途中から色をグラデーションさせているので、写真からもリアドアに隣接する部分だけが黒くなっているのがお分かりかと思います。

リアドアパネルの表面も丁寧に塗装します。

塗装作業完了後、取り外していた部品や新品に交換する部品を組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてジャガー Fペイスの板金塗装 修理は完了です。

今回のジャガー Fペイスの保険会社との協定修理費用は、部品代が298,661円と作業工賃が346,104円の合計644,765円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにジャガー Fペイスの板金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったジャガー Fペイスを大切にお乗りください。

関連記事

ジャガー XF 板金塗装 修理 事例

川崎市宮前区にお住いのお客様より、ジャガー XFの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はご自宅の地下駐車場から出る際に、目の前の道に停まっていたいた工事車両…
続きを読む

ジャガー XE 板金塗装 修理 事例

横浜市にお住いのお客様より、ジャガー XEの板金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は交差点を右折中に、対向から直進して来たバイクにジャガー XEの右フロント部分そ…
続きを読む

ジャガー XE 鈑金塗装 事例(保険修理)

横浜市にお住いのお客様より、ジャガーXEの左側面をフロントバンパーからリアバンパーにかけて全体的に擦ってしまったとの事で、鈑金塗装修理を依頼されましたのでご紹介します。 他に…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図