ポルシェ ボクスター 修理 塗装 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

ポルシェ ボクスター 修理 塗装 事例


横浜市南区にお住いのお客様より、ポルシェ ボクスターの修理 塗装を依頼されましたのでご紹介します。
お客様はご自宅の駐車場から出る際に、目の前に止められていた駐車車両を避けようとハンドルを切り過ぎてしまい、ポルシェ ボクスターの左サイドスカートを石垣に擦ってしまったそうです。
お車でご来店くださり部品価格をお調べし修理費用をお見積りしたところ、思いのほか部品価格が安く修理費用もそれ程高額にはならなかった為、自費での修理をする事になりお車をお預かりしました。

今回のポルシェ ボクスターの作業方針は、ぶつけて穴が開いてしまった樹脂製のサイドスカートの取替塗装となりますが、サイドスカートを取り外したところ内部のパネルにも若干の変形とシーリングの剥がれがありました。

サイドスカートを取り付けてしまえば見えなくなってしまう部分なので、わざわざ手を加えなくてもよさそうにも思えますが、今回はシーリングが一部剥がれている事もありきちんと処理する事になりました。
パネルの変形を修復しシーリングをし直します。

シーリングの上からボディ色を塗装する事で、損傷の痕跡は分からなくなります。

新品のサイドスカートが入荷しました。
ポルシェ ボクスターのサイドスカートは未塗装でプライマー処理された状態での部品供給となります。
国産車のバンパーやサイドスカート等の樹脂製部品は色付きで供給される場合が多いのですが、輸入車では一部の車種や部品を除きほとんどが未塗装での部品供給となり、1度車体に仮付けし隣接するパネルとの隙間や面の出入り具合を確認・調整後、塗装してから取り付ける事になります。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、塗装しやすい高さの台にセットした新品のサイドスカートを、熟練の塗装職人がポルシェ ボクスターの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。

塗装作業が完了したサイドスカートを元通り車体に取り付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてポルシェ ボクスターの修理 塗装は完了です。

今回のポルシェ ボクスターの修理費用は、部品代が43,780円と作業工賃が77,440円の合計121,220円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにポルシェ ボクスターの修理 塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったポルシェ ボクスターを大切にお乗りください。

関連記事

ポルシェ 718ケイマン 傷 修理 塗装 事例

東京都町田市にお住いのお客様より、ポルシェ 718ケイマンの傷の修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。 お客様によると、走行中左前方からカチャカチャと音がする事に気付いたそ…
続きを読む

ポルシェ パナメーラS 板金塗装 修理 事例

横浜市都筑区にお住いのお客様より、ポルシェ パナメーラSの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は狭い路地で左折する際に前方の柱に気を取られハンドルを早く切…
続きを読む

ポルシェ マカンGTS 板金塗装 修理 事例

東京都世田谷区にお住いのお客様より、ポルシェ マカンGTSの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 ご自宅の駐車場に止めておいた際に、強風に煽られてお車の両サイドに置…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図