ポルシェ マカンS 鈑金塗装 修理 事例 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

ポルシェ マカンS 鈑金塗装 修理 事例



東京都世田谷区にお住いのお客様よりポルシェ マカンSの鈑金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は狭い路地を曲がる際に、ポルシェ マカンSの左側面を角のブロック塀に擦ってしまい、その状況から回避する為に少し大回りしてバックしたところ、今度は右側にあった電柱に右フロント部分をぶつけてしまったそうです。
保険修理では、同じ時・同じ場所での一連の動きによる事故が1つの事故としてカウントされます。
近年では、このポルシェ マカンSの様に損傷部位が左右で離れていても、左側の事故の状況を回避するために動いた際の右フロントの事故と言う事で1つの事故として認定される場合も多く見受けられているのですが、今回のポルシェ マカンSの場合、事故現場の状況や車両の損傷状態等を保険会社が詳しく調査した結果、2つの別々の事故と言う判断になりました。
2事故にはなってしまいましたがそれぞれの事故の修理費用は高額になる為、どちらの修理も車両保険を使って直す事になりお車をお預かりしました。


左側面の損傷は前後ドアだけでなく、ドアミラーとドアハンドルにも傷があります。
今回のポルシェ マカンSの修理方針は、1事故目の左側面の損傷は、損傷が大きな左リアドアの取替塗装、ドアミラーカバー・ドアハンドルの取替塗装、左フロントドアの修理塗装と左リアドアに隣接する左クォーターパネルへの色合わせの為のボカシ塗装となります。
2事故目の右フロント部の損傷は、アルミ製のフロントフードと変形してしまったフロントバンパーの取替塗装とフロントフードと隣接する左右フロントフェンダー及び右フロントドアへの色合わせの為のボカシ塗装と言う作業内容になります。

まずは新品のフロントフードを車両に仮付けし、隣接パネルとの隙間や面の出入り具合を確認・調整した後、専用の塗装台にセットして裏側をオリジナルの雰囲気を再現するべく丁寧に塗装します。


フロントドアの傷をサンダーで削り落した部分と新品のフロントフードの表面全面にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。


左リアドアを専用の塗装台にセットしてパネルの裏側を塗装し、続けて表側も丁寧に塗装します。


フロントフードやフロントバンパーもリアドアと同様に、ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで熟練の塗装職人がポルシェ マカンSの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。


国産車のドアミラーカバーやドアハンドルは塗装済みの部品が供給される場合がほとんどですが、輸入車の場合はこの様に未塗装での部品供給になる為、ボディパネル同様に塗装が必要になります。



ポルシェ マカンSをゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースに移動し、塗装の痕が残らないように様々な技術を駆使してマスキングを施し、熟練の塗装職人がポルシェ マカンSの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
多くの車種ではフロントフードに隣接するパネルはフロントフェンダーとなりますが、今回のポルシェ マカンSの様なフロントフードの形状になると隣接パネルはフロントドアにまで広がってしまい、広範囲に色合わせの為のボカシ塗装をする必要があり修理費用も多く掛かる事となります。

塗装が済んだフロントフードを車体に取付け、フードヒンジの取付ナットを締め込んだ後で塗装する事によって、フード交換の痕跡を分からなくする事が出来ます。




塗装作業完了後、取り外していた部品を全て元通りに組み付け、洗車・最終仕上げ磨きをしてポルシェ マカンSの鈑金塗装 修理は完了です。

今回のポルシェ マカンSの保険会社との協定修理費用は、1事故目は部品代が371,976円と作業工賃が375,760円の合計747,736円、2事故目は部品代が496,782円と作業工賃が417,120円の合計913,902円となり、2事故分の合計が1,661,638円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックにポルシェ マカンSの鈑金塗装 修理をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったポルシェ マカンSを大切にお乗りください。

関連記事

ポルシェ 718ケイマン 傷 修理 塗装 事例

東京都町田市にお住いのお客様より、ポルシェ 718ケイマンの傷の修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。 お客様によると、走行中左前方からカチャカチャと音がする事に気付いたそ…
続きを読む

ポルシェ ボクスター 修理 塗装 事例

横浜市南区にお住いのお客様より、ポルシェ ボクスターの修理 塗装を依頼されましたのでご紹介します。 お客様はご自宅の駐車場から出る際に、目の前に止められていた駐車車両を避けよ…
続きを読む

ポルシェ パナメーラS 板金塗装 修理 事例

横浜市都筑区にお住いのお客様より、ポルシェ パナメーラSの板金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は狭い路地で左折する際に前方の柱に気を取られハンドルを早く切…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図