ポルシェ GT3 (PORSCHE) 修理 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

ポルシェ GT3 (PORSCHE) 修理

ポルシェ GT3-20061208

損傷状況:

タイヤバリアに接触し、右リヤフェンダーとリヤバンパーに損傷を受けたポルシェ GT3の板金塗装 修理事例です。
車両保険ではなく自費での修理とのことでなるべく修理代を抑えつつも、当社の「完璧主義」な修理に期待を寄せていただいているというご依頼でした。

ポルシェ GT3-20061208

修理内容:

リヤバンパーはかなりへこんで変形しており、先ず加熱修正を試みました。しかしどうしてもキレイに直らないため、お客様とご相談のうえ中古のバンパーを手配いたしました。

ポルシェ GT3-20061208

今回は運良く、ダメージの少ない格安の中古バンパーを見つけることができました。ポルシェ 996の後期型のリヤバンパーは新品では15万位するのですが、何とか税込み52,500円で調達することができました。ラッキーでした!!

ポルシェ GT3-20061208

中古バンパーの色はシルバーでしたが、ダブルアクションサンダーで塗膜を全て削り落としてからプライマーを塗装しますので元の色が何色だったのかは判らなくなります。

ポルシェ GT3-20061208

ポルシェ GT3-20061208

リヤフェンダーのへこみも丹念に板金します。パテを極力薄くさせるため面出しは時間をかけ丁寧に行います。

ポルシェ GT3-20061208

リヤフェンダーを塗装する際、お客様の金銭的負担を考慮せず、修理品質だけ考えればよい保険修理の場合には、通常リヤサイドガラスとサイドスカートは取外します。マスキングの痕を残さないようにする確実な方法だからです。しかし今回のご依頼は自費での修理ということもあり、なるべく修理工賃を抑えるためにテープで上手くマスキングして塗装しました。愛用の養生材料と独自のマスキング方法でテープの痕など一切残しません。目を凝らして見てもマスキングのテープ痕は見えないはずです。

ポルシェ GT3-20061208

ポルシェ GT3の修理代は工賃が税込み161,280円、部品代は中古バンパー以外にも交換を要す部品があり税込み72,891円となり、合計で234,171円となりました。お客様は楽天会員とのことで楽天スーパーポイントを希望されました。100円につき5ポイント差し上げますので、11,705ポイント獲得です。楽天市場や楽天トラベル等で11,705円分としてご利用になれます。

関連記事

ポルシェ カイエンS 鈑金塗装 修理 事例

東京都世田谷区にお住いのお客様より、ポルシェ カイエンSの鈑金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は狭い道を走行中、対向車を避ける為車を左側に寄せた際にステン…
続きを読む

ポルシェ マカンS 鈑金塗装 修理 事例

東京都世田谷区にお住いのお客様よりポルシェ マカンSの鈑金塗装 修理を依頼されましたのでご紹介します。 お客様は狭い路地を曲がる際に、ポルシェ マカンSの左側面を角のブロック塀…
続きを読む

ポルシェ 718ケイマン 傷 修理 塗装 事例

東京都町田市にお住いのお客様より、ポルシェ 718ケイマンの傷の修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。 お客様によると、走行中左前方からカチャカチャと音がする事に気付いたそ…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 定休日:日曜・祝日
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図