ポルシェ パナメーラS バンパー修理 塗装 | 板金塗装はインターパシフィック

鈑金塗装/焼き付けコーティング インターパシフィック

鈑金塗装の修理事例

板金塗装・修理事例

ポルシェ パナメーラS バンパー修理 塗装


東京都港区にお住いのお客様より、ポルシェ パナメーラSのリアバンパー修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。
お客様は駐車場に止める際に何度か切り返しをしていたところ、ポルシェ パナメーラSのリアバンパー右角をブロック塀にぶつけてしまったそうです。
さほど大きな傷ではありませんので直すかどうか迷っておられましたが、傷を見てしまうと気になってしまうとの事だったので、極力費用を抑えた方法での作業をご提案し、自費で修理する事となりお車をお預かりしました。

今回のポルシェ パナメーラSの作業方針は、極力費用を抑えたいと言うお客様のご要望もあり、リアバンパーは車体に付けたままでの右側半分位までの部分塗装の方法で作業する事になり、傷のすぐ上にある駐車センサーはマスキング(養生)して作業する事になりました。
本来であれば部分塗装での作業とは言え、駐車センサーを取り外して作業したいところなのですが、このセンサーを外すにはリアバンパー本体を1度車体から外す必要があり、リアバンパー本体の脱着工賃が掛かってしまい、その分作業費用が高くなってしまいますので、上記方法を採ることになりました。
まずは傷をサンダーで削りリアバンパーの表面を平滑に整えます。

傷を削りリアバンパーの下地が剥き出しになった部分を覆い隠す様にプライマーサフェーサーを塗装し、しっかりシールして赤外線ヒーターで十分に加熱乾燥させます。

ゴミや埃をシャットアウトした塗装ブースで、熟練の塗装職人がポルシェ パナメーラSの塗装肌や質感を再現すべく丁寧に塗装します。
この様に駐車センサー等の部品をマスキングで作業する際のデメリットとしては、マスキングの影響でバリが残ってしまう場合があるのですが、今回は目立ったバリも残らずに綺麗に塗装する事ができました。

塗装作業の完了後、洗車・最終仕上げ磨きをしてポルシェ パナメーラSのリアバンパー修理塗装は完了です。

今回のポルシェ パナメーラSの修理費用は、作業工賃が34,560円(税込)となりました。
このたびはインターパシフィックに、ポルシェ パナメーラSのリアバンパー修理塗装をご依頼いただき誠にありがとうございました。
元通り綺麗に直ったポルシェ パナメーラSを大切にお乗りください。

関連記事

ポルシェ 718ボクスター バンパー修理

千葉県市川市にお住いのお客様より、ポルシェ 718ボクスターのリアバンパーの修理塗装を依頼されましたのでご紹介します。 近所の公園に出かけた際に駐車スペースで誤って、ポルシェ 7…
続きを読む

ポルシェ 991 GT-3 【スプレー式】プロテクションフィルム&コーティング施工事例

新車のポルシェ 991 GT-3に新技術の【スプレー式】ペイント・プロテクションフィルムとガラスコーティングを施工させて頂きましたのでご紹介します。 高級車やスーパーカーを中心に最…
続きを読む

ポルシェ 991 カレラS 【スプレー式】プロテクションフィルム施工事例

新車のポルシェ 991 カレラSに新技術の【スプレー式】ペイント・プロテクションフィルムを施工させて頂きましたのでご紹介します。 高級車やスーパーカーを中心に最近普及が進んでいる…
続きを読む
メーカ別修理実績

大切なお車を何事も無かったかのように

大切なお車を
何事も無かったかのように

代表 千村尚紀

インターパシフィックは長年にわたり高級輸入車の板金塗装を数多く手掛け、技術を磨いて参りました。
難易度の高い修理に対応する最新設備を導入し、厳選した塗料や材料を使用することで、高い修理品質を実現しております。

私達は、大切なお車が「ちゃんと元通りに直るのだろうか?」というお客様の不安を安心と喜びに変えることを最大の使命と考え、完成まで一切手を抜きません。
どこをどう直したのか全く分からないように、完璧な仕事を心掛けております。

修理方針

鈑金塗装に対する当社の考え方や作業工程について詳しくご説明しています

詳しく見る 

プロの本音

お客様に是非とも知って頂きたいことを鈑金塗装のプロが本音でお伝えします

詳しく見る 

お客様の声

修理させていただいたお客様より沢山のご評価とコメントを頂きました

詳しく見る 

株式会社インターパシフィック

神奈川県川崎市中原区宮内2-26-17
9:00~18:00 土・日・祝 営業
044-777-8787
インターパシフィック外観
川崎市 中原区 板金塗装インターパシフィック案内図